試合レポート

市立柏vs千葉商大付

2010.07.18

2010年07月17日 市原臨海球場

市立柏vs千葉商大付

2010年夏の大会 第92回千葉大会 3回戦

一覧へ戻る

歓喜の市立柏ナイン

市立柏、接戦を制し、4回戦に進出! 

この日の市原臨海球場で予定されているカードでは最も良いカードである。ノーシードなものの、秋ベスト8の市立柏と秋優勝、春ベスト8の千葉商大付の対決だ。市立柏のバッテリーである上條―館花が県内随一である千葉商大付の機動力をどう封じるかが見所だ。千葉商大付にとって送球タイムは1.9秒台を計測する館花は今までの対戦相手と比べて脅威の的だろう。しかし千葉商大付はいきなり持ち前の機動力を発揮した。

1回の表、ノーアウトから1番の飯塚 将斗(3年)が四球で出塁し、2番の大塚 翔太(3年)のバントでワンアウト二塁。3番林 翔太(2年)の時にバッテリーミス。キャッチャーの館花 翔がもたついている間に飯塚が躊躇することなくホームへ、千葉商大付がノーヒットで先制する。千葉商大付は自分の持ち味を発揮して1点をもぎ取った。
1回の裏、

市立柏

の攻撃。1番の中沢 亮太(3年)にセンターを破る長打。中沢は二塁を蹴り、三塁へ。しかし千葉商大付の無駄のない連係プレーによりタッチアウト。その後もヒット2本が出るものの、無得点。千葉商大付の効率の良い攻めが引き立たせてしまった。

3回の表、千葉商大付はワンアウトから飯塚がセカンドへ内野安打。飯塚は盗塁を敢行。2番大塚がサードへ内野安打でワンアウト1,3塁。大塚は盗塁を決めて、ワンアウト2,3塁。3番林がスクイズを決めて、飯塚がホームイン。続く4番の太田恵悟(3年)がライト前ヒットを打ち、3点目を入れる。ここまで千葉商大付のペース。3回まで3盗塁を決め、上條を揺さぶって攻略していった。

4回の裏、

市立柏

は5番の船越 涼太(3年)が痛烈なレフト前ヒット。ツーアウト二塁となって8番の上條センターへタイムリーヒットを打ち、1点を返す。

5回の表、

市立柏

は上條に代えて、右サイドハンドの角館 祥太(3年)を送る。恐らく流れを変えるためだろう。ワンアウトから2番の小澤がレフト前ヒット。小澤は二盗、三盗を決めて、ワンアウト三塁のチャンスを作るが、3番林、4番太田が連続三振に倒れ、追加点ならず。ここまで押され気味の流れを角館が食い止めた。
5回の裏、市立柏は千葉商大付のエース平部 隆(3年)を襲い掛かる。ワンアウトから2番高川 瑛生(3年)が四球で出塁。3番館花がライト前ヒットで高川は三塁へ。4番瀬戸井 祐介(3年)がライト前ヒットで高川がホームイン。ツーアウト1,2塁となって6番瀬能 将生(3年)がセンターを破る長打を打ち、二者生還し、

市立柏

が逆転した。

 その後、両チームはチャンスを作るものの、決定打が出ないまま、9回の表を迎えた。千葉商大付は円陣を交わす。千葉商大付の吉岡監督は打者の下によりアドバイスを送る。しかし7番萩原翔太(3年)はファーストゴロ。8番の平部はライトフライ。9番小澤 卓也(3年)はピッチャーゴロに倒れ、ゲームセット、

市立柏

が激戦を制し、4回戦に進出した。

この試合は角館の好投に尽きる。千葉商大付が機動力野球を大いに発揮し、千葉商大付ペースで進んでいた試合を止めた。しかし機動力は封じられたわけではない。合計で8盗塁を決め、2番の大塚は4盗塁を決めた。何度も得点圏でランナーを背負ったが、決定打を許さなかった。角館の粘り強さがチームの逆転劇を呼んだ。

千葉商大付は自分たちの持ち味を発揮したのに関わらず、負けたのだから、やり切れない気持ちでいっぱいだろう。彼らが膝をついて涙を流す姿は秋季大会から見ている筆者にとっては思わず涙腺が緩んでしまうものであった。
しかし君たちは我々を楽しませてくれた。試合前のヘッドスライディング。そして機動力で相手を錯乱する戦いぶりは見ていて気持ちが良かった。その野球を伝統にしていただきたい。

(文=高校野球情報.com編集部)


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.21

【滋賀】近江、八幡商がコールド発進<春季県大会>

2024.04.21

【滋賀】綾羽、滋賀短大附、虎姫が3回戦へ<春季県大会>

2024.04.21

【京都】龍谷大平安、塔南・開建がコールド発進<春季大会>

2024.04.21

【春季三重県大会】終盤の点の取り合いを凌ぎ、津田学園がタイブレークでいなべ総合を振り切る

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.17

青森大にソフトバンク2選手の弟、青森山田の4番打者、横浜創学館大型外野手らが加入!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード