試合レポート

習志野vs佐倉

2010.07.18

2010年07月17日 市原臨海球場

習志野vs佐倉

2010年夏の大会 第92回千葉大会 3回戦

一覧へ戻る

泉澤(習志野)

山下、攻守両面の活躍で佐倉の猛追を振り切り、4回戦に進出! 

 今年の春季県大会で優勝。その勢いで関東大会準優勝に輝いた習志野
投打ともにタレントが揃った大型チームだが、この大型チームを牽引するのが正捕手を務める山下 斐紹(3年)である。ドラフト候補として注目されている山下。先日の

学館船橋

戦では11球団のスカウトが集結。その中で2安打2打点をマークし、評価を大きく上げた。
しかし今の彼は甲子園に行くことしか頭にない。大会前から甲子園の舞台で立ちたいと話していた山下。中継でプレーをみていたが強い意気込みが感じられた。その意気込みを実際に見てみたいと思い、市原臨海球場に足を運んだ。
習志野目当てということもあって、多くの観客が詰めかけており、市原臨海では珍しい外野席が解放されていた。

相手は

佐倉

高校。昨年は4回戦に進出しており、なかなか侮れない学校だ。試合は9時にプレイボールした。

1回の表、

佐倉

の攻撃。習志野の先発は

学館船橋

戦に引き続き水野 聡(3年)が先発。水野はかなりテンポが速い投手。捕手が水野に返して、投げ終わるまでのタイムが5秒~10秒。わずか十秒間隔のインターバルで投げるので、打者にとっては立ち遅れが命取りになる。

佐倉

はすっかり水野のペースにはまり、三者凡退に終わる。

1回の裏、習志野の攻撃。ツーアウトとなって3番福田 将儀(3年)。彼も1年秋からレギュラーのセンター。ずば抜けた集中力と野球センスを併せ持った選手である。福田は入念に足場を固めてじっくりと打席に入る。投手に顔を向けてぐっと集中し、構えに入る。すっかり福田のペースだ。福田は粘りに粘り、甘く入ったスライダーをはじき返し、ライト前ヒット。福田はすかさず盗塁を敢行。セーフとなり、送球が逸れている間に一気に三塁へ。ツーアウト三塁のチャンスを作る。4番の山下は変化球を素直に打ち返し、センター前ヒット。福田が生還し、習志野が1点を先制する。山下、しっかりと4番の役割をこなした。

1点の援護をもらった水野。それからもすいすいと自分のペースで投げていき打ち取っていく。

追加点を取りたい習志野は5回の裏、ワンアウトから1番の望月が右中間を破る三塁打でワンアウト三塁のチャンスを作る。2番渡辺の時にバッテリーミスで望月がホームイン。それからチャンスを作ったものの、無得点に終わる。この回に山下は顔面近くの死球を喰らい、投手の下にすり寄り、睨みつけるシーンがあった。やんちゃ坊主の一面を覗かせ、

佐倉

スタンド、ベンチからヤジが飛んだ。しかし山下はそれを気にせず飄々とプレーしていた。

 6回の表、習志野は水野からエースの高橋亮太(3年)に代える。高橋は左の技巧派だ。佐倉は2番の大竹 稜(3年)が死球を受けて、ノーアウトから出塁すると3番の斎田もセンター前ヒットで続き、ノーアウト1,2塁となってバントで送り、ワンアウト2,3塁。5番飯尾 研人(3年)がしぶとくライト前へ運び、タイムリーヒット。

佐倉

が1点差に迫る。しかし後続を抑えられ、1点止まり。

取られた後に取り返したい習志野。ツーアウト1,3塁から1番望月がセカンド内野安打。三塁ランナーが還り、1点を追加。3-1とする。更に7回の裏、ワンアウトから4番山下がセカンド強襲の内野安打。ワンアウト二塁となって、6番藤井がこの日二安打目となる右中間を抜けるツーベースで1点を加え、代打の片桐憲吾(2年)がショートへ鋭いライナー。ショートはこれをファンブル。二塁走者がホームイン。5対1とする。

8回の表、習志野は高橋亮太に変えて、泉澤涼太(2年)に交代。背番号20ながら投手として能力は習志野NO.1の投手である。泉澤は目測で135キロ前後のストレートに、カットボールのコンビネーションで

佐倉

打線を抑えこんだ。

9回の表、泉澤から2年生左腕の末松克章に交代。佐倉打線は末松に襲い掛かり、川上翔平(3年)がセンター前ヒット。続く代打の中島 光基(3年)がレフト前ヒットでノーアウト1,2塁のチャンスを作る。ワンアウトとなったが、1番石黒 亘(3年)はショートゴロ。ショートの宮内和也(2年)はサードへ送球。しかしセーフとなり、ワンアウト満塁。

ここで習志野の山下が動く。山下は注意深く野手に指示を送り、ポジショニングの確認を行う。2番田原 陽平(3年)をライトフライに打ち取り、ツーアウト。再び山下は野手に指示を送り、末松の下へ寄り、アドバイスを送る。落ち着いた末松は3番の斎田流星(2年)をピッチャーゴロに打ち取り、ゲームセット。習志野が4回戦進出を決めた。

習志野ファンにとっては満足いくゲームではなかっただろう。

佐倉

高校ナインは持てる力をすべて出し、習志野ナインの攻撃を阻んだ。もしエラー、バッテリーミスによる失点がなければ、僅差になっていたゲーム。9回は最後の力を振り絞り、習志野ナインを追い込んだ。それだけひやひやするゲームであった。しかしそれを食い止めたのがキャッチャー山下であった。

水野、高橋のときには早すぎるぐらいのテンポの良い投球で相手に狙い球を絞らせないリード。泉澤には自分の間合いを投げさせるようなリード。末松には再三に渡って、マウンドによって励ます姿を見るとただ配慮ができるキャッチャーではなく、投手によって配慮とリード、間合いの掛け方を工夫していることが分かった。
またチャンスの場面では慌てずにしっかりと野手に指示を送っていた姿に、やんちゃな態度を示すときのギャップの違いに思わずにやけてしまうものの、大人になったなと思う。打っては4打数2安打1打点と4番の重責をこなし、また盗塁を決めるなど、三拍子揃ったスーパーキャッチャーになりつつある。それだけ活躍できるようになったのは彼が大人になった証拠。大人になったやんちゃ坊主がやることは、チームをひとつにまとめ上げ、夏の甲子園まで突っ走るだけだ。

(文=編集部 河嶋 宗一


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.11

【茨城】水戸商、茨城キリストなどが県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.06

【春季愛媛大会】松山商が攻守につなぐ野球で66年ぶり秋春連覇! 第1シードの夏23年ぶり制覇へ「時は来た!」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?