試合レポート

成東vs船橋法典

2010.07.12

2010年07月11日 千葉マリンスタジアム  

成東vs船橋法典

2010年夏の大会 第92回千葉大会 1回戦

一覧へ戻る

岩波(成東)

台風の目となるか!? 成東5回コールド勝ち!

千葉県は裾野が広く強い学校、良い選手が知らない間に存在する。そのため普通の公立校がベスト16、ベスト8にひっそり入ることがあり、それが千葉の高校野球の面白さなのである。今回紹介する成東高校はもしかしたら台風の目になる可能性を持ったチームかもしれない。

試合を振り返っていくと1回の表、成東高校の先発山内 彬央(3年)が三者凡退に抑える上々の立ち上がりを見せる。山内を援護したい成東高校は、1回の裏に1番行木 和真(3年)がいきなりレフトオーバーのスリーベースを打ち、ノーアウト三塁のチャンスを作る。ワンアウトとなって3番實川 凌磨(3年)が右中間を破るスリーベース。實川は三塁も蹴り、ホームへ。しかしショート鳴海誠人の好返球に阻まれタッチアウト。しかし彼の好返球に阻まれていなかったら、セーフになっていた。それぐらい實川の走塁は速かった。続く4番の奥津 堅介(3年)が左中間を破るスリーベースを打ち、ツーアウト三塁。5番の渡邉大貴(3年)がライト前ヒットを打ち、2-0とする。
 更に3回の裏、行木が死球で出塁。行木の盗塁と2番本田 郁也(3年)のライト前ヒットでノーアウト1,3塁のチャンスを作り、3番實川がセンターオーバーのスリーベース!二者生還し、4-0。さらに5番の渡邉がレフト線へのツーベースを打ち、5-0とする。

 成東高校の山内は右のサイドハンド。巻きつくような腕の振りから繰り出す直球は常時120キロ前後(マックス125キロ)を計測。指のかかりが良く、切れ味抜群。変化球は110キロ前後のカットボール気味のスライダー、105キロ前後のカーブを投げていく。この日の山内は速球の切れだけではなく、コントロールも冴えており、特に内角の活かし方が上手かった。必要以上に使わず、外角へ意識しておいて虚を突くように内角へずばっと投げるので、

船橋法典

の打者は内野へ打ち返すのが精一杯であった。また捕手の返球を受け取ってから間髪いれずに投げるので、リズムが非常に良い。そのため内野手もリズムよく守ることができていた。

 成東ペースで試合が進んでいき、7-0と迎えた6回の表。ツーアウトを取ったところで投手交代。エースの岩波 純平(3年)を投入。岩波は成東高校伝統のしなやかな右の本格派投手。右スリークォーターから投げ込む直球は常時125キロ~130キロでマックス132キロを計測。もう少し投げれば135キロ前後は見込める投手であった。

 6回の裏、成東高校の攻撃。

船橋法典

はエースの山田湖太郎(3年)に代えて、センターの新發田 昌市(3年)。新發田は左投手。守備陣は新發田を盛り立てていきたいところだが、いきなりエラーが二つ重なり、ノーアウト1,2塁。ダブルスチールでノーアウト2,3塁となり、1番行木の場面でパスボール。1点を入れて、8-0。その後ワンアウト満塁となり、4番奥津がこの日3安打目となるレフト線へヒットで二者生還し、10点目。成東が6回コールド勝ちで二回戦進出を果たした。

成東高校は攻守にバランスが取れたチーム。投手陣では岩波、山内の二枚看板は強豪にも通用する力量を持った投手で、守備もきびきびとした動きを見せており、守備はかなり堅い。打線もチャンスメーカーの行木、つなぎ役に徹する本田、リストの強さを活かして鋭い打球を飛ばす實川、逆方向に打ち返すのが上手い奥津、勝負強く力強い打撃ができる渡邉と役者は揃っている。打線と投手陣の歯車がしっかりと噛み合えば、シード校に戦える力は十分に持っているし、シード校を破るとなるとトーナメントで勝ちあがるに必要な「勢い」を身につけて一気に優勝争いに絡むチームになるのではないだろうか。成東の戦いぶりを見て、今年も千葉は大波乱が起きそうな予感がした。成東は

日大習志野

(13日習志野秋津)と対戦する。

(文=高校野球情報.com編集部)


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】

2024.04.24

東京国際大の新入生は、リーグ戦デビューの二松学舎大附の右腕、甲子園4強・神村学園捕手、仙台育英スラッガーら俊英ぞろい!

2024.04.24

【福島】田村、日大東北、只見、福島が初戦を突破<春季県大会支部予選>

2024.04.24

【佐賀】敬徳と有田工がNHK杯出場を決める<春季地区大会>

2024.04.24

【春季四国大会逸材紹介・香川編】高松商に「シン・浅野翔吾」が!尽誠学園は技巧派2年生右腕がチームの命運握る

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!