試合レポート

東海大望洋vs実籾

2010.07.12

2010年07月11日 千葉マリンスタジアム  

東海大望洋vs実籾

2010年夏の大会 第92回千葉大会 1回戦

一覧へ戻る

坂本(東海大望洋)

ノーシードから頂点へまず1勝

まさに衝撃的であった。今年の春季大会で東海大望洋

専大松戸

に7回コールド負けした。あの試合は

専大松戸

の名を大きく上げた試合ではあったが、東海大望洋の自信を打ち砕く試合であったと思っている。秋季ではエース長友明憲を中心に堅い守りで勝ち上がってきただけに県内でのコールド負けはないと思っていた。しかし春では長友が不調、そして堅い守りも若干綻びを見せ、大量失点を喫して負けた。それから2カ月。ノーシードからスタートする彼らは一念発起し、再び堅い守りをするチームとなって帰ってきた。内野はボール回しからきびきびとした動きを見せ、外野手もしっかりと動いており、春では見られなかった強くてコントロールの良い返球が多くみられた。

 1回の表、実籾の攻撃。東海大望洋の先発は中山慎太郎(3年)。

専大松戸

戦では三番手として登板した投手だ。
中山はツーアウトから3番の斉藤 誠(3年)にレフトオーバーのツーベースを打たれるが、4番水原 直樹(3年)をスライダーで空振り三振に取り、先制点を阻む。

 中山は長友、尾澤の影に隠れていた中山だが、彼も中々の好投手。右オーバーから投げ込む直球は常時125キロ前後(マックス128キロ)を計測し、110キロ前後のスライダー、90キロ前後のカーブを投げ込む。ストレートとスライダーのコンビネーションで投げるピッチャーだ。この日はストレート、スライダーともにコントロール良く決まり、

実籾

打線を抑え込んでいく。

 しばらく打ちあぐんでいた東海大望洋だが、3回の裏に当たりが出始める。ノーアウト1,2塁から2番加藤大地(3年)がサードへセーフティバント。これをサードが悪送球。ファールグラウンドへ転々と転がる。そしてカバーリングを遅れている隙とついて一塁走者もホームインし、2点を先制した。加藤は三塁へ。そして3番石橋がライトへエンタイトルツーベースにより、更に1点を追加し、3-0。ワンアウトとなって、5番岩堀がレフトオーバーのツーベースで4-0。更に7番天川のタイムリーでこの回5点目。

 更に4回の裏、ワンアウト1,3塁から3番岩堀がきわどいタイミングの内野ゴロであったが、内野手の悪送球により、再びファールグラウンドへ転々。またも

実籾

の選手たちがカバーリングに遅れている間に一塁走者がまたもホームイン。そして5番岩堀のレフトスタンドへ飛び込むホームランでこの回4点目。9-0とする。

 5回の表はここまで好投の中山に代えて2番手の尾澤をマウンドにおくった。尾澤は常時125キロ前後の直球(マックス128キロ)に横に鋭く曲がるスライダーを交える。今日はストレートのすっぽ抜けが多く、スライダー中心の投球。抜群の切れ味を見せるスライダーで三者連続三振に取ったが、ストレートがそれほど速くなっておらず、春からそれほど伸びていない。ただスライダーのキレとコントロールが良いので、今大会もリリーフとしての役割が期待されそうだ。
 5回の裏、先頭の那須 雄樹(3年)がセンター前ヒット。すかさず盗塁を決め、ノーアウト二塁となって9番松戸 直人(3年)がライト線へぽとりと落ちるヒットで那須がホームイン。東海大望洋が5回コールド勝ちで二回戦に進出した。

 東海大望洋は順当に1回戦に進出した。試合経過を見ていただければ分かると思うが、この日は相手の虚を突く走塁が光った。ベースカバーが空いているのを見て、すかさず塁を盗む目敏さはさすがだ。守備も相変わらず堅かった。
内野守備も球際に強くなったし、正捕手・坂本を筆頭にカバーリングは徹底している。このカバーリングが競った場面で効果を発揮するので、これからも懸命なカバーリングを。しかし守備力、走塁レベルの高さが光ったとはいえ、やはりエース長友の存在の大きさを実感した試合であった。この日登板した中山、尾澤は悪くない投手だ。ただここ一番の試合、優勝候補と呼ばれるチームで勝つには彼の存在が不可欠。今回は登板がなかったものの、次回の登板では復調した姿を見せてもらいたい。東海大望洋

国分

(13日市原臨海)と対戦する。

 

実籾

東海大望洋がカバーリングの良さを見せていたので、余計にカバーリングの拙さが目立った。それによって無駄な失点、進塁を招いた。新チームに残る選手はカバーリングの大事さを肝に銘じて一から練習に臨んで欲しい。

(文=高校野球情報.com編集部)


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.19

【島根】石見智翠館、三刀屋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【千葉】拓大紅陵、市立船橋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.19

【山口】下関国際、高川学園、宇部鴻城がコールド発進<春季大会>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード