試合レポート

習志野vs拓大紅陵

2010.07.19

2010年07月19日 千葉マリンスタジアム

習志野vs拓大紅陵

2010年夏の大会 第92回千葉大会 4回戦

一覧へ戻る

山下斐紹(習志野)

習志野大接戦を制す!習志野山下値千金の逆転二点タイムリースリーベース!

[stadium]千葉マリンスタジアム[/stadium]の第二試合、昨年準決勝の再戦となった四回戦屈指の好カード習志野拓大紅陵の一戦は手に汗握るとんでもない劇的な試合となった。

祭日ということもあり、注目の一戦が行われたこの日、第二試合開始直後から[stadium]千葉マリンスタジアム[/stadium]はなんとスタンド上段までほぼ満員という盛り上がりをみせた。また試合と同様に千葉県を代表する両校のすばらしい応援合戦も試合を盛り上げるに十分なものだった。

昨秋から今春にかけ圧倒的に実績を残してきた習志野に対して対照的な成績に終わっていた
拓大紅陵
習志野有利の試合と思われたが、ここのところ勝負強い夏の戦いを見せている
拓大紅陵
、きっと一波乱あると感じていたがそのとおりの展開になり習志野を土俵際まで追い込んだ大接戦の試合展開となった。

感動すら覚えたこの試合、初回の
拓大紅陵
先頭打者佐藤が放った打球はレフトへ。捕球できるかと思われた打球は風に流され習志野望月のグラブをかすめ前に落ちるヒット、波乱の展開を予感させた。

先手を打ったのは習志野、一回の裏一番宮内のセンター前、二番本山の四球、三番が送り打席には注目の四番山下斐紹。ここで見事に期待にこたえるライト前タイムリーで習志野先制1-0。中継が乱れる感にセカンドへ進塁。尚もこの日五番に入った藤井が強烈な打球を左中間に運ぶ二点タイムリースリーベースで3-0、その後犠牲フライで4-0、試合の流れを序盤で習志野がつかんだ。

昨年の決勝八千代東戦同様に初回に大量失点を喫した
拓大紅陵
、しかしその裏すかさず反撃に出た。五番加藤が四球を選び、二死三塁から八番西村にタイムリーが飛び出し4-1。取られた直後の回にしっかり点を返した
拓大紅陵
。尚も西村が盗塁をしかけるもキャッチャー山下の矢のような送球がセカンドへ送られ盗塁阻止、序盤から山下のすばやい動作、するどい送球が際立ち守りでもチームを牽引した。

二回からは、スリークオーター気味に投げ込む
拓大紅陵
左腕加藤が踏ん張り二回三回と習志野打線をおさえる展開、特に三回高めのボール球で山下を三振に切って取る好投を見せた。ここにきて試合は一度落ち着いた。

いい流れのまま四回表
拓大紅陵
、三番中野がセンター前ヒット、四番海保の時エンドラン成功で一気にノーアウト一塁三塁の大チャンスを迎えた。ここで五番加藤が放った打球はレフトへ強烈なライナー、習志野レフトの望月が打球に追いついたかに見えたがファンブル、判定はツーベースで4-2、
拓大紅陵
が二点差に迫った。やはり勝負強い拓大紅陵、習志野ブラバン応援に負けない
拓大紅陵
の大声援応援が一塁側スタンドから響き渡る中徐々に流れは
拓大紅陵
に。その後スクイズで4-3、しかもその打球がバントヒットになりまさに怒涛の攻めをみせる
拓大紅陵
、ストライクをそろえ過ぎた泉澤涼太がここで交代、エース高橋に継投に出た習志野小林監督。一点リードされているもののここでの雰囲気は五分五分、もしくは
拓大紅陵
有利。ノーアウト一三塁、逆転のチャンス
拓大紅陵
、しかしここでまたしかけたスクイズが失敗。その後も習志野左腕エース高橋がよくしのぎ
拓大紅陵
逆転ならず。しかし試合は全くの五分五分、流れがどちらにゆくのか全くわからない展開に。

一点差に迫られた習志野四回裏、ヒット、相手エラーなどでチャンスを作るも9番栗原のファーストライナーの際二塁ランナーが飛び出すミスが出てダブルプレー成立、貴重なチャンスを逸した。おのずと流れは
拓大紅陵
へ。

五回は両投手が踏ん張り迎えた六回
拓大紅陵
、五番加藤がライト前ヒットで出塁、六番内海の際高橋のけん制ミスが出てランナー一気に三塁へ、ここで内海が起死回生の同点タイムリー、いよいよ
拓大紅陵
習志野に追いついた。完全に流れは
拓大紅陵
、がしかしここでも習志野山下が盗塁を阻止、流れを切った。

六回裏習志野、先頭の
山下斐紹

拓大紅陵
加藤のストレートにまたも三賑、二打席連続三振を喫する。力投する
拓大紅陵
の加藤、昨年決勝の悔しさをぶつけているかのような投球、この回習志野クリーンアップを三者凡退におさえた。七回裏も水野にツーベースが飛び出すも送りバントを
拓大紅陵
のファースト鈴木にビックプレーが飛び出し三塁へ送球ランナーアウト、攻めきれない習志野

試合も同点のまま終盤の八回へ。八回表
拓大紅陵
の攻撃、この試合最初のドラマが待っていた。

まさに再度昨年の決勝を思い出したシーン、ツーワンから習志野
山下斐紹
が一球はずそうとして高めのボール球を要求したその球を
拓大紅陵
三番中野がするどく振り抜き、打球は高々とレフトへ。一瞬静まり返る
[stadium]千葉マリンスタジアム[/stadium]
、打球はレフトスタンドに飛び込む逆転ホームラン。なんという
拓大紅陵
の勝負強さ、試合も終盤8回にきての
拓大紅陵
の逆転弾、静まり返る三塁側習志野応援団。盛り上がる一塁側
拓大紅陵

なんという試合だろうか、四回戦の試合ではないすごい試合、追い詰められた習志野高校。勝負強い
拓大紅陵
にこのまま寄り切られてしまうのだろか、昨年準決勝同様
拓大紅陵
に敗戦してしまうのか、残りの攻撃にかける習志野

習志野ブラバン、応援団のレッツゴー習志野が一段とボリュームをあげた8回裏、この試合最大のドラマがいよいよ幕をあげた。

二番本山からの攻撃、セカンドへ飛んだ打球、記録はエラーで先頭打者出塁。三番福田がライトへ運ぶツーベース。ノーアウト二塁三塁、打席には習志野主砲

山下斐紹

習志野応援団ボルテージ最高潮。この最大の見せ場に習志野
山下斐紹
が放った打球は
拓大紅陵
のセンターの頭を軽々と越えてゆく二点逆転タイムリースリーベースが飛び出した。三塁ベースにたどりつき何度も何度も会心のガッツポーズ、その姿は鬼気迫るものだった。それほど強い気持ちでバットを振り抜いたことの証、この一打で全身鳥肌が立った。尚も三塁にいた山下を五番藤井がライト前タイムリーで返し7-5、この藤井のだめ押しも大きかった。

拓大紅陵
の勝負強さをこの回習志野が超えていった。

ここ一番という場面、チームのピンチを自らのバットで救った習志野キャプテン
山下斐紹

。まさに起死回生、値千金の一打。打席に入る前胸に手をあて大きく深呼吸を一回したあと、胸をバンバン叩いて自らを鼓舞、両手でバットを持ち祈るように打席に入ったのが印象的だった。また九回表の
拓大紅陵
の攻撃に入る前も目をとじ胸に手をあてるシーンが。自分の気持ちをなんとか冷静に落ち着かせようとしているように感じた。

いよいよ九回表
拓大紅陵
二点を追っての攻撃開始、なにかまだドラマが起こるのではという予感はあった。このままでは終わらないようなここまでの試合展開、先頭打者を取られた一死後、
拓大紅陵
鈴木がライト前ヒットで出塁。やはり簡単には終わらない
拓大紅陵
、最後の最後まで勝負強さをみせた。がしかしショートフライでツーアウト、二死一塁バッター九番五十嵐。振り抜いた打球はセカンドの正面、この瞬間とんでもない大接戦好ゲームの幕が下ろされた。

習志野は昨年の夏の大会準決勝のリベンジ、30年ぶりの
拓大紅陵
戦勝利をあげ、今大会でも指折りの好ゲームに入るであろう激闘を制し五回戦に駒を進めた。

最大のピンチで見事に期待に応えた習志野キャプテン
山下斐紹
、千両役者ぶりを遺憾なく発揮、守りでも終始試合を牽引する活躍を見せた。
拓大紅陵
との激戦を勝ち抜いた習志野高校、この経験は習志野高校を今まで以上に更に一回り成長させ勝負強くさせるだろうという感想を持った。

Aシード習志野相手に、ぎりぎりのところまで追い込む勝負強さを遺憾なく発揮した
拓大紅陵
。その戦いぶりはほんとに見事だった。四回戦で対戦させるにはもったいなさすぎる、観戦していてこの試合は決勝なのではと錯覚するほどのスタンドの盛り上がり、試合内容、両校のせめぎ合い。間違いなくこの試合は今大会の試合の中でもベストゲームに入るだろう。両校の健闘を心から称えたい。

(文・撮影=国吉 辰一

【この試合のブラバン応援レポート】
「全国屈指のブラバン応援対決」 拓大紅陵対習志野

【この試合の高校野球応援ブログ】
習志野vs拓大紅陵

高校野球応援ブログとは?
NPO応援指導支援ネットワークが、高校野球の応援をさまざまな角度から取り上げる、
応援好きやファン必見の応援特化型の大人気ブログです。


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】

2024.04.24

【佐賀】敬徳と有田工がNHK杯出場を決める<春季地区大会>

2024.04.24

【春季四国大会逸材紹介・香川編】高松商に「シン・浅野翔吾」が!尽誠学園は技巧派2年生右腕がチームの命運握る

2024.04.24

【福島】田村、日大東北、只見、福島が初戦を突破<春季県大会支部予選>

2024.04.24

東京国際大の新入生は、リーグ戦デビューの二松学舎大附の右腕、甲子園4強・神村学園捕手、仙台育英スラッガーら俊英ぞろい!

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!