試合レポート

会津工vsいわき光洋

2010.07.19

2010年07月19日 しらさわグリーンスタジアム

会津工vsいわき光洋

2010年夏の大会 第92回福島大会 4回戦

一覧へ戻る


(いわき光洋)

練習の成果に思いをこめて

高校野球をできる月日は実質2年3ヶ月。甲子園に出場すれば1ヶ月延びるが、多くの選手は2年3ヶ月がいいところだ。多くの時間を費やし、最後の夏にかける。たくさん、たくさん、たくさん、練習をしてきた成果は、たった1試合で終わるかもしれないし、2試合で終わるかもしれない。何試合できるか、それはわからない。
その試合、その試合で練習してきたことを出しきれる選手は一体、どのくらいいるのだろうか。
この日、いわき光洋で初めて三塁ベースに到達したのは、鵜沼孝征(3年)だった。

 いわき光洋会津工のエース・村岡拓美の前に走者を出すものの、進塁できずにいた。後続も断たれて得点に至らない。対する会津工も5回まで2塁を踏めない状況。ワンチャンスをものにするか、ミスを誘ってチャンスを作りいかせるか。4回戦らしい、引き締まった試合展開に、そんなことがよぎる。

 グランド整備が終わった6回、試合は動いた。6回表、会津工は1死から1番・高久和真(2年)が三塁線へ二塁打を放ち出塁。2番・鈴木啓介(3年)が犠打で2死3塁。3番・山田修平(3年)の打球は、いわき光洋の先発・遠藤将大(2年)に当たり、セカンドに軌道が変わった。セカンドの泉谷駿介(2年)は焦ったのか、手元が狂ったのか、ファーストへ送球エラー。その間に高久はホームを突き、先制点を奪った。

 先制を許したいわき光洋。その裏、先頭の9番・鵜沼がライト前ヒットで出塁。1番の遠藤将は犠打。打球は三塁線へ転がる。フェアか、ファウルか。見極める、会津工のサード・猪俣史也(2年)とピッチャー・村岡。打球は白線の上で止まった。フェア――。

 「2塁を回る前に確認をして、スピードを落とさないようにしました。判断して、いけると思いました」(鵜沼)
 1塁走者だった鵜沼は2塁を蹴った。三塁ベースはがら空き。
 「いつも練習から次の塁を狙う姿勢を大切にしてきました」(鵜沼)
 50メートル5.6秒の足を生かして、「自分の足ならいける」と三塁に向かって激走した。
 フェアになったボールをグラブに入れた会津工の猪俣は、それに気付いて急いで三塁に戻ったが、鵜沼の足の方が速かった。

 場面は無死1、3塁となり、いわき光洋にチャンス到来。しかし、2番・渡辺貴大(2年)は空振り三振。3番・小松兼也(3年)の打席で1塁走者・遠藤将は盗塁失敗。小松も空振り三振に倒れ、チャンスをいかすことはできなかった。

 9回裏にも走者を三塁まで進めたが、1死1、3塁で代打・藤田真伍(3年)がいい当たりではあったがショートライナー。飛び出していた1塁走者・泉谷がアウトになり、試合は終わった。
 試合後、6回に相手のスキを突いて三塁を陥れた鵜沼は「出ていない人のためにやってやろうと思っていました」。空いていれば、進むのが当たり前だけど、その「ひとはしり」に仲間への思いをこめた。勇気を持って、果敢に走った。

練習でやってきたことは試合で出すためにやってきたこと。チームで徹底してきた「次の塁を狙う」姿勢。やりたくても出来ない選手がたくさんいる。得意分野ということもあったが、練習の成果をしっかり出した、仲間の思いを背負った一走だった。

(文=高橋 昌江


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.14

【茨城】岩瀬日大が9回4点差を逆転、東洋大牛久も9回逆転サヨナラで県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.14

【山梨】日本航空、東海大甲府が初戦突破<春季大会>

2024.04.14

【奈良】高田商などコールド発進<春季大会>

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>