試合レポート

札幌第一vs駒大苫小牧

2010.07.19

2010年07月19日 札幌円山球場  

札幌第一vs駒大苫小牧

2010年夏の大会 第92回南海道大会

一覧へ戻る


佐々木監督(駒大苫小牧)

新人監督の苦い経験

たった1球だった。

8回裏、駒大苫小牧の攻撃は2死走者なし。7回からリリーフした2年生左腕の西島隆成は、2番の中山俊に対し、カウント3ボールとしていた。

次は1球ウェーティングだろう。

そう思った瞬間、中山は4球目をスイング。当たりはよかったが、ショートライナーに終わった。

「相手は0-3から打ってこないと思うはず。すきを狙いました。(攻撃の)きっかけがほしかった。あの球を狙うしかないなと」(中山)

だが、西島隆は7回にも2死無走者から四球を連発。その後に連打を浴びて2点を失っている。打順が中軸に回ることを考えれば、結果はどうあれ、待っていきたい場面だった。

この打撃について佐々木孝介監督は「勢いに任せました」と責めなかったが、札幌一からすればラッキー以外何ものでもない。四球の可能性があったのが、簡単にアウトを取れた上、この試合初めてとなる三者凡退のイニングを作れたことで、9回の攻撃につなぐことができた。
「0-3から打ってくれて助かりました。ああいうプレーがあったので、終盤は負ける気がしませんでした」(捕手・梅澤武寛)
すきを突くはずのたった1球が、流れを変えてしまった。

その9回の守りでも、駒大苫小牧らしくなかったのが外野の守備位置。2点リードの無死一塁、長打警戒の場面で外野の守備位置は浅め。その位置があだとなって続く杉本恭兵の右中間への打球に追いつかず、三塁打にしてしまった。三塁まで進めたため、9番の梅澤はスクイズ。同点のきっかけを与えることになった。
対照的に札幌一は深めの守備位置。9回先頭の宮崎啓誠の右中間の大きなフライに追いつくことができた。7番の杉本だったとはいえ、金属バット。打力の上がる夏の大会であることを考えると、悔やまれる守備位置になってしまった。

守備位置に加え、もうひとつ対照的だったのがタイムの取り方。
札幌一の菊池雄人監督は4点差に広がった7回2死一、三塁の場面で3度目の伝令を送り、タイムを使い切った。
「2点差に追い上げ、いけると思ったところで4点差になってしまった。5、6点差ついてからでは遅いし、ここでキレたら終わってしまう。これ以上離されたら苦しいと思ったので7回ですが、使い切りました」(菊池監督)
一方の佐々木監督は3回目のタイムを残しながら使わず、ようやく伝令を送ったのは9回に同点に追いつかれた後の2死一、二塁の場面。完全にタイミングが遅れた。
「まだ流れ的にもうひとつ、と思いました。(間を取る場面を)見抜けませんでした」(佐々木監督)
ともに伝令の後はピンチを脱しただけに、駒大苫小牧としては惜しまれる間の取り方になった。

だが、これらは監督としての経験によって見えてくるもの。
昨秋に就任したばかりの佐々木監督に多くを求めるのは酷だろう。だが、香田誉士史元監督の後を率いるだけに、こういった部分が求められてしまうのも事実。常勝チームゆえにハードルも高くなる。
佐々木監督が就任して、雰囲気は以前のものに徐々に戻ってきた。茶木圭介部長も復帰し、甲子園で躍動した、あの駒大苫小牧が復活する予感は少しずつではあるが漂っている。
だからこそ、この苦い経験を生かしてほしい。
現在の2年生はわずか4人。好素材の揃った3年生が抜ける新チームからが本当のスタート。今後、佐々木監督が、駒大苫小牧がどう変わっていくのか。
持ち前のチャレンジャー精神で、這い上がることを期待したい。

(文=田尻 賢誉


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.13

【春季埼玉県大会】久喜北陽が昨秋に続き接戦の末、獨協埼玉を下して初戦突破!

2024.04.13

山川vs.甲斐野の”因縁の対決”が実現! プライドを懸けた戦いは、甲斐野が見逃し三振を奪う!

2024.04.13

【埼玉】春日部共栄、川越西、川口などが県大会へ<春季県大会地区予選>

2024.04.13

【近畿学生】奈良学園大が開幕3連勝!期待の変則右腕が勝利に導く

2024.04.13

立命館大の新入生に愛工大名電エース、大阪桐蔭外野手、昨夏甲子園・立命館宇治主力らがそろう!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?