試合レポート

関西vs明誠学院

2010.07.19

2010年07月18日 倉敷マスカットスタジアム

関西vs明誠学院

2010年夏の大会 第92回岡山大会 2回戦

一覧へ戻る


堅田裕太投手(関西)

勝負を分けた四球

 勝った関西・江浦滋泰監督は「苦しかった」と試合を振り返った。そう言わしめたのは明誠学院のエース左腕・森本光(3年)のピッチング。
直球の速さこそ130キロ前後だが、カーブとスライダーを駆使し、絶妙な制球で選抜に出た関西の打線を抑えていく。「調子も良く、(試合の)入りはよかった」と森本光。
一方、関西の先発はエースの堅田裕太(2年)ではなく、右の水原浩登(3年)。江浦監督は初戦の先発を「迷った」と話したが、好調だった右腕は期待通りのピッチングで試合は投手戦になっていた。

0対0で迎えた5回。「流れを変えたかった」と、江浦監督は先に勝負に出た。水原の打順で代打に堅田を起用。投手の代打で少々驚いたが、「(今までも)代打はよくあった」と堅田は普段通りを強調。この場面で気持ちに変化が出たのが森本光だった。

初球が明らかに浮き「急に球がいかなくなった。おかしい」と感じた森本光。結局、修正できずにストレートの四球。この堅田が犠牲フライで先制のホームを踏んだ。

森本光は「何でおかしくなったのかわからない。悔いが残ります」と肩を落とす。

6回からそのままマウンドに上がった堅田は明誠学院を無安打に抑える好投。森本光の方は後半にも失点し、試合は決した。
森本光がこの試合で与えた四球は『あの場面』のわずか1つだけ。その1つがなぜなのか「まだわからない」と話した左腕。しかしこのピッチングで今後、大学や社会人野球では引っ張りだこになるであろう。今後の投手人生で『あの場面』の理由を見つけ出してほしい。

(文=松倉 雄太


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.13

【春季埼玉県大会】久喜北陽が昨秋に続き接戦の末、獨協埼玉を下して初戦突破!

2024.04.13

山川vs.甲斐野の”因縁の対決”が実現! プライドを懸けた戦いは、甲斐野が見逃し三振を奪う!

2024.04.13

【埼玉】春日部共栄、川越西、川口などが県大会へ<春季県大会地区予選>

2024.04.13

【近畿学生】奈良学園大が開幕3連勝!期待の変則右腕が勝利に導く

2024.04.13

立命館大の新入生に愛工大名電エース、大阪桐蔭外野手、昨夏甲子園・立命館宇治主力らがそろう!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?