試合レポート

刈谷vs一宮南

2010.07.18

2010年07月17日 豊田市運動公園野球場

刈谷vs一宮南

2010年夏の大会 第92回愛知県大会 1回戦

一覧へ戻る

刈谷・服部

進学校の195センチ2年生右腕をチェック!

この試合のお目当ては、刈谷の服部卓投手(2年)。
文武両道の進学校に現れた195センチの大型右腕で、元力士の「藤ノ川」を叔父にもつという。
中学卒業後は愛知の私学強豪校への進学も考えられた逸材だけに、シーズンごとにチェックしたい注目選手だ。

筆者は春も刈谷を観に行ったが、服部は背番号13で、マウンドには上がらなかった。
好不調の変動が大きく、不安定なのが要因のようだ。
この夏は、背番号10。
夏の初戦で、マウンド上での服部にお目にかかることができた。
フォームは、真上から投げ下ろす(上から下へ)という感じではないものの、オーバースローで球に一定の角度がある。

さて投げるボールであるが、フォークだかチェンジアップだか、縦に滑らかに沈むボールがオリジナルで「魔球」チック。低目のいいところに決まり、打者がことごとく空振りしたナイスボールだった。他に、大きく流れるスライダーもある。意外と変化球を多投していた。

ストレートは、1球、途中からグンと伸びを増したいいボールがあった。それ以外は、キレ・制球に重点を置いた125~130キロ前後と思われる(目測)シャープなストレートを投げていた。

2回表、3回表はそれぞれ2個ずつ三振をとる快投。
投げるにつれてフォームに勢いを増し、体の動きが良くなってきた。
それだけに、二塁打で出したランナーを簡単にバントで送られて、ワイルドピッチで生還を許した初回の立ち上がりが、なんとも惜しかった。この辺りに、課題のムラが出る。
また、全体的に完成度は低く、若干、評判が先行しているような面もある。

とはいえ、現時点でどうこう言えるような投手ではない。あくまで、長い目で。
そのスケールの大きさを、楽しみにしていきたい。

刈谷は、昨夏の準優勝校。私学優勢の愛知において、豊田西大府などと並び公立校の筆頭格だ。
今年のメンバーでは、勢いよくバットのヘッドが回る4番浜島佳祐のバッティングが光る。また、1番打者の重責を、1年生の鈴木富敬が担っている。

(文=尾関 雄一朗


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.16

社会人野球に復帰した元巨人ドライチ・桜井俊貴「もう一度東京ドームのマウンドに立ちたい」

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>