試合レポート

高田商vs橿原学院

2010.07.18

2010年07月17日 佐藤薬品スタジアム  

高田商vs橿原学院

2010年夏の大会 第92回奈良大会 2回戦

一覧へ戻る


高田商・豆越監督

就任1年目の指揮官、好スタートを切る

今春季大会4強の高田商がエース・松村の投打にわたっての活躍で3-0と快勝した。
「もっと打てると思っていたのですが、相手投手の押本君が素晴らしい投手だった。丁寧に投げてこられて、全く打てなかった。ディフェンスで凌いだ試合だったと思います」とは高田商の豆越監督。淡々とした受け答えが印象に残る就任1年目の指揮官である。

 個人的に、今大会注目している指揮官のひとりである。というのも、近年の奈良は、若い指導者の活躍が目立っている。たとえば、昨春の県大会を制した兼本監督は豆越監督と同世代で77年生まれ。智弁学園の小坂監督とも同い年だ。奈良大付・田中監督は73年生まれだし、この日対戦した橿原学院の竹村監督は80年生まれ。二階堂・小林稔監督、奈良・吉村監督、郡山・西岡監督は72年生まれの同い年である。

以前までは元郡山の森本監督など、ベテラン監督に頼りがちだった奈良県が変わり始めている。こうした若い指揮官の登場は、奈良県にとって喜ばしいのだ。もちろん、若い世代ばかりだけでも面白くないし、中堅世代だけでも、ベテランだけでも面白くない。各年代の指揮官が切磋琢磨することで、指導者のレベルも上がるというものだ。

指揮官の特集は、今後に委ねるとして、豆越監督の手腕は期待できそうだ。

高田商といえば、長年、山下善啓監督(現部長)が率いてきただけに、その後となると、プレッシャーや指導法の違いで難しさもあると思い「山下監督は、厳しい指導が特長の指導者、豆腰さんは大人しいように思えますが、どういう指導をされているのか」と尋ねたが、豆越監督は平然と答えた。
「僕のほうがしつこいと思います。ずっと言いますからね。選手が泣くくらいまで言うんで、選手もいやなんじゃないでしょうか」。
さらに聞いた。
ベテラン監督の後任というプレッシャーはあるのか。すると…… 
「前任校(出雲北陵)で監督をさせていただいた時も、同じような状況でした。ただ、前回は私学でしたし、このチームで結果を残すか上位に行けなければいけなかった。その時の方がプレッシャーは大きかった。今年のチームも自分の中では負けるわけにはいかないと思っているのですが、その時の経験は生きていると思います」と話した。

 一方で、野球スタイルだが、伝統の攻撃型を踏襲しつつ、守備面も力を入れているのが特徴だ。特筆すべきはカバーリングの徹底で、県内では智弁学園と並んで、そのこだわりが尋常じゃない。「今も、新チームはカバーリングの練習に取り組んでいます」というほど、徹底的している。ボールが一つ動くと9人が動くような形を徹底しているそうだ。

 今日の試合は持ち前の攻撃力が発揮できずに苦しんだが、それでも投手戦を制したのはカバーリングの徹底と守備力の堅さがあったからだ。「打撃に自信があるチームではあります。そういう練習もしているんで。でも、バッティングは水ものでもありますから、苦しい展開の中で、ディフェンスを締められたかなというのはあります」。

 高田商の若き指揮官、いや、年齢は若いかもしれないが、島根県で多くを学び、母校へと帰って来た指揮官はかなりやり手のような気がする。彼が何をもたらすのか。今後もその手腕に注目していたい。

(文=氏原 英明


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.13

【春季埼玉県大会】久喜北陽が昨秋に続き接戦の末、獨協埼玉を下して初戦突破!

2024.04.13

山川vs.甲斐野の”因縁の対決”が実現! プライドを懸けた戦いは、甲斐野が見逃し三振を奪う!

2024.04.13

【埼玉】春日部共栄、川越西、川口などが県大会へ<春季県大会地区予選>

2024.04.13

【近畿学生】奈良学園大が開幕3連勝!期待の変則右腕が勝利に導く

2024.04.13

立命館大の新入生に愛工大名電エース、大阪桐蔭外野手、昨夏甲子園・立命館宇治主力らがそろう!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?