試合レポート

五條vs奈良朱雀

2010.07.18

2010年07月17日 佐藤薬品スタジアム  

五條vs奈良朱雀

2010年夏の大会 第92回奈良大会 2回戦

一覧へ戻る


五條・安川が2打点の活躍

真面目にやれば、結果は出る

 勝利した、五條・田原監督が実感を込めて言う。
「ホンマ、あの子が打ったのは嬉しい。これで後輩たちも思ったはず。真面目にやっていたら結果が出るんやということですよ」。

 エース・日下の先発を回避し臨んだ試合で先制される苦しい展開。4回まで0行進が続く中で、その重たい雰囲気をはねのけたのが五條の7番・安川である。4回裏、無死走者なし。二球目を叩いた打球は左翼スタンドへと吸い込まれた。初めて打ったホームランだった。
「早くピッチャーを楽にしてあげたかったんで、思いきりバットを振りました」と安川はほくそ笑んだ。

 彼のプレーを見ていて、指揮官の言葉が納得できた。というのも、カバーリングに行く姿勢が見事だったからである。五條はチーム内でのカバーリングが徹底されているが、その中でも、安川の動きは際立つ。機転が利き、動きが早く、カバーに回る。

今日の試合でも二度の三塁ゴロ併殺があったが、的確に、そして、素早くカバーに周っていた。安川は言う。「カバーリングについては、監督さんや部長さんからずっと言われてきたことなんで、今日もさぼらずにできた」と。

 「夏は人間性ゲーム」だという指導者もいる。夏の大会にそれまでにしてきたこと、練習量や野球に取り組む姿勢や日常生活などが出るということだ。安川の練習に取り組む姿勢に田原監督はそれを見たのだ。いつか、安川は花開く時がくる、と。

 高校野球とはまさに、教育の一貫である。安川の日ごろの姿勢と彼の活躍を見た後輩や同級生は何を感じたか。それが、指揮官が何より伝えたかったことなのだ。

(文=氏原 英明


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.16

社会人野球に復帰した元巨人ドライチ・桜井俊貴「もう一度東京ドームのマウンドに立ちたい」

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>