試合レポート

宇都宮清陵vs宇都宮北

2010.07.18

2010年07月17日 県営宇都宮球場  

宇都宮清陵vs宇都宮北

2010年夏の大会 第92回栃木大会 2回戦

一覧へ戻る

試合シーン

宇都宮清陵、悪い流れを断って7回に逆転逃げ切り

 近年県内で徐々に実績を上げてきている新鋭公立校対決といっていい。ともに、投手が安定しているということでロースコアの競り合いが予想されたが、その通りの戦いとなった。

 もっとも、試合そのものは序盤、お互いに毎回のよう走者を出しながらそれぞれやや拙攻気味のところもあり、ともに本塁で刺されるなど走者を帰しきれないでいた。それだけ、お互いがよく守り、両投手の粘り合いともいえるものだった。

 宇都宮北の佐藤克はややぎくしゃくしたフォームに見えるが、手の出処がわかりづらい変則型で、そこから小さく腕を振ってくるので、打者としてはタイミングも少し取りづらい。宇都宮清陵の2年生左腕永藤は昨秋から少し腕を下げたスリークォーターにしたことで制球もよくなり、スライダーのキレもよくなった。ここぞというところで、低めの決まるスライダーはかなり効果的だった。

試合展開としては、宇都宮清陵は1~3回まで毎回三塁まで進めながら本塁には届かず、何となく厭な流れという感じになっていた。そして迎えた5回、宇都宮北は1死から九番佐藤克が右前打すると2死となってもしっかりと送り、二番荻原優が中前へはじき返して待望の先制点が入った。

 逆に宇都宮清陵は4~6回は併殺もあって3人ずつで抑えられていた。宇都宮北の佐藤克も自分のリズムをつかんできたという感じになってきた。

 そろそろ序盤の逸機が悔やまれる感じもしかかってきた宇都宮清陵は7回、1死から七番坂入が二塁手のグラブをかすめる右前打で出ると、笹口は送らず強気に打っていって右越二塁打。スクイズも考えられた場面だったが、大会直前になって正選手の座を勝ち取った菊池は、しぶとく一二塁間を破り二者を返して逆転となった。打てなくてもいいから守りで起用したという選手が、大事な場面で打つあたりに宇都宮清陵のミラクルな勢いがあるのかもしれない。

 そして、逆転で永藤投手のスライダーもますます冴えてきた。「もともと、自分は投げ込んでいった方がいいタイプなんです。きっと逆転してくれると思っていましたから、気分よく投げられました」と言うように、7~9回、四球こそ与えたものの併殺で抑え、3人ずつで切って取った。終わってみれば被安打5で10奪三振。ほとんど文句のない出来だったといっていいであろう。

 苦しいながらも、何とか接戦をものにした斎藤崇監督は、「この前は勝っても内容がよくなかったですから、怒りまくっていたんですが、1週間で見違えるくらいによくなりました。控えの選手も含めて、それぞれの選手たちが目立たないところでしっかりと自分の仕事を果たしてくれました。ウチは控え選手で持っているチームですから…。みんな真面目で、いい子ばかりなんですよ」と、笑顔で選手たちの成長を喜んでいた。そして、「ミスもありましたけれど90点ですね」と、評価していた。

 お互いが持てる力を出し合って、自分たちのやれることをやってきて、その成果を競い合うという部活動としての純粋な形をぶつけあった好試合だったといってもいい。

 勝利の余韻に浸りながらも、社会科の教員でもある斎藤監督は学期末の通知表をつけに、学校に戻っていった。監督もまた、限られた中で、可能な限り野球に思いを注ぎながら取り組んでいるのだ。広告代理店系のサラリーマンから、高校野球の指導者になりたくて転身した熱血漢。夏の大会前には毎年、自分も丸刈りにして挑む。そんな思いも野球の神様に通じたのかもしれない。

(文=手束 仁


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】

2024.04.24

東京国際大の新入生は、リーグ戦デビューの二松学舎大附の右腕、甲子園4強・神村学園捕手、仙台育英スラッガーら俊英ぞろい!

2024.04.24

【福島】田村、日大東北、只見、福島が初戦を突破<春季県大会支部予選>

2024.04.24

【佐賀】敬徳と有田工がNHK杯出場を決める<春季地区大会>

2024.04.24

【春季四国大会逸材紹介・香川編】高松商に「シン・浅野翔吾」が!尽誠学園は技巧派2年生右腕がチームの命運握る

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!