試合レポート

川越東vs聖望学園

2010.07.17

2010年07月17日 大宮公園球場

川越東vs聖望学園

2010年夏の大会 第92回埼玉大会 3回戦

一覧へ戻る

(聖望学園)

勝利を生んだやるべきことの積み重ね

7月17日。埼玉大会3回戦屈指の好カード。前年優勝ながらノーシードの聖望学園
春季大会ベスト4の川越東の対戦。午後2時12分、[stadium]埼玉県大宮公園球場[/stadium]で試合開始。

聖望学園の先発は2年生エースの瀧瀬。一方の川越東は今大会注目の左腕高梨の先発。
先手を取ったのは川越東。

1回表、先頭の猿田が2球目を三塁左を破るヒットで出塁。2番永井が送り1死二塁。
動揺した瀧瀬が3番城下に死球を与え、一・二塁とチャンスが広がる。
4番高梨はセンターへ大きな当たりで2死。5番鈴木がカウント2-2から甘く入った
速球をライトへ先制のタイムリーで1点。続く6番石塚もライト前に連続タイムリーで2点目。
立ち上がり制球に苦しむ瀧瀬を捉えた川越東打線。

その裏、聖望学園もすかさず反撃。1番奥村がレフト前ヒットで出塁。2番永田の送りバントは投手正面。
投手高梨の好判断で二塁封殺。続く3番片岡が三振の間に一塁走者永田が盗塁。捕手の送球が高くそれたのを見た
永田は判断良く三塁へ。更にバックアップしたセンターもハンブルするダブルエラー。
走者は一挙にホームへ。1点を返す。3番片桐が死球でなおも2死1塁で、5番長友の打球は快音を残したが、
ショート正面のライナーで反撃も1点止まり。

2回表川越東の攻撃、この回先頭の8番山田が三塁線を鋭く破る二塁打。

ここで試合を決めた(聖望学園・岡本監督)のシーン。
9番土肥が初球を送りバント。これが一塁側への小フライ。
一塁と投手がお見合い、慌てた投手が掴むが間に合わず。無死一・三塁とチャンスが広がる。
飛び込めば捕れると思われたの内野安打。聖望ベンチには悔やまれる。
気落ちした瀧瀬、1番はレフトフライに押さえ1死は取ったが、続く2番の当たりは二塁右のゴロ、二塁が飛びついたが、
一塁への送球がそれ1点追加。更に3番にレフト前にタイムリーを浴び2点目。

たまらず聖望学園ベンチは2年生の左腕松橋をリリーフに送る。4番をセンターフライに抑えたが、この回2点を奪われ、
4-1と川越東が主導権握った。

3回から走者は出すが両投手共踏ん張り試合は後半に。

2回以降無失点と好投し、見方の反撃を待った聖望学園松橋が6回に掴まった。
8番山田がセンター前ヒット。9番の時にヒットエンドランを敢行したが三塁ゴロで一死二塁。
1番センターフライで2死まで抑えたが、3番にセンター前に運ばれ試合を決める1点を失う。

7回も川越東の勢いは続き、聖望学園3人目の野田から、5番が四球、6番がレフト前と続き、更にリリーフ
した斉藤(大)からも四球を選び無死満塁。ここでスクイズを決め決定的な7点目。
8回も小刻みに投手を代え防戦一方の聖望学園に対し、2本のヒットと四球の満塁から、連続四球の
押出しで更に2点。8-1と大差をつけた。

8回聖望学園も意地を見せ、コールド負けを防ぐ最後の攻撃で1点を返したが、後続を絶たれ
8-2で完敗した。

屈指のカードと言われたが、実力差は歴然。2年生バッテリーの聖望学園は制球を乱した投手を3年生が
支えられず、むしろ足を引っ張る形となり惨敗。2回で7安打を浴び4点を献上した聖望学園のエースは、
走者を気にする余り再三牽制を繰り返し、自分のリズムだけで無く、
灼熱のグランドでの長い守備時間に、味方のリズムまでを崩してしまった。

川越東、17名、聖望、20名と両チームで37人を送り込む、2時間50分の総力戦も終わって見れば
大差のゲームとなった。

(文=滝島 利夫


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.16

社会人野球に復帰した元巨人ドライチ・桜井俊貴「もう一度東京ドームのマウンドに立ちたい」

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>