試合レポート

畝傍vs奈良情報商

2010.07.16

mm2010年07月15日 佐藤薬品スタジアム  

畝傍vs奈良情報商

2010年夏の大会 第92回奈良大会 1回戦

一覧へ戻る


畝傍のエース・中矢が粘投をみせた

仕掛ける勇気。

 野球とは主導権の奪い合いである。
流れをいかにつかむかで試合は決まる。待っていても、流れはこない。圧倒的な個の力を武器にするのか、作戦を駆使するのか、方法論は様々あるが、いかに流れをつかんでいくかで勝敗は分かれる。

畝傍奈良情報商の対決は、実に、激しい主導権争いのゲームだった。
初回、奈良情報商は1死のあと、2番・大隅が内野安打で出塁すると、3番・森崎がバスターエンドランを敢行し、左越えの適時二塁打で1点を先行した。まさに電光石火。4番・石本以外が、この回、ファーストストライクを打って出たものだ。奈良情報商の仕掛け、これには主導権を握りたいとする気持ちが見えたものだった。

畝傍

も譲らない。二つの四球で1死・二、三塁の好機を作ると、ダブルスチールを成功させたのだ。適時打を待つのではなく、先に仕掛けた。そして、5番・栗山の適時二塁打で逆転。自力で流れを引き寄せて、試合をひっくり返した。

 1回表の攻撃を、奈良情報商・黒木監督が「うちは今日に限らず、試合では積極的に打つことを心がけてきました。それが初回にいい形で出た」と言えば、

畝傍

・百合監督は「うちは待っていても得点は取れないので、積極的に仕掛けました。いつも、心がけていることなので、あの盗塁も走れる選手ですので、普通のプレーなんです」。

 「仕掛ける」両者の攻防は1回から白熱したものである。
ただ、試合としては逆転した

畝傍

が主導権を握った。5回裏にも1点を追加。流れは

畝傍

にあった。

ところが、7回表、

畝傍

にミスが出る。1死から左翼の失策と死球で絶体絶命のピンチ。二死にこぎつけるが、ここですかさず、奈良情報商の1番・細川が二球目のファーストストライクを左翼にはじき返し、同点に追いついたのだ。

主導権は自ら勝ちとるものでもあるが、エラーや四球などで、明け渡す時もある。そこで奈良情報商の攻撃が積極だったため、同点への流れができたのである。

俄然、奈良情報商が優勢、8、9回にも好機をつかみ、追い抜きにかかった。
だが、追い抜けなかった。8回に一時的に降板した

畝傍

のエース・中矢が好投を見せ、奈良情報商にあった流れを食い止めた。

 9回裏、

畝傍

に千載一隅のチャンス。安打と内野ゴロの間に二死・二塁と得点圏に走者を進める。ここで打者は守備で途中起用されていた高橋だったが、ここで、

畝傍

が仕掛けた。代打・若井を送る積極策にでると、これを相手バッテリーが嫌い、四球で走者がたまる。9番は守備の上手い中村侑だが、ここでも百合監督は代打を指示。

その初球、四球を怖がった奈良情報商のエース森崎のストレートがわずかに高めに浮き、代打の上田が左翼へぽとりと落としたのだ。二走・栗山が生還、試合は決まった。

 「うちには三拍子そろった選手がいませんので、適材適所。守る人、走る人、打つ人と分けて使っています。ですから、あの場面は待っていてもしょうがないので、後がない気持ちで勝負を掛けました」と百合監督は代打策の成功をそう打ち明かした。
百合監督の代打策。いや、仕掛けていく作戦が見事にはまっての勝利である。

(文=氏原 英明


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.19

【島根】石見智翠館、三刀屋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【春季神奈川大会】東海大相模の198センチ左腕・藤田 琉生が公式戦初完封!

2024.04.19

【山口】下関国際、高川学園、宇部鴻城がコールド発進<春季大会>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード