試合レポート

修徳vs都立足立西

2010.07.15

2010年07月15日 明治神宮野球場  

修徳vs都立足立西

2010年夏の大会 第92回西東京大会 3回戦

一覧へ戻る

三ツ俣(修徳)

修徳第一シードの貫録、序盤で勝負決める

第一シード校修徳は初戦だったが、硬さもなく貫録の戦いぶりだった。
 初回の修徳は、先頭の池田が右前打で出るとバントで手堅く進め2死二塁から三ツ俣が右中間を破る三塁打で先制。2回には七番根本の左翼へのソロで追加し、3回にも二番藤谷の右中間三塁打と2四球で満塁とすると、五番鳥海が左越二塁打してさらに2点。完全に主導権を握った。そして、4回には藤谷、鳥海の二塁打に六番飯野の右中間三塁打などで5点を加えて大量リードとした。
ただし、アクシデントもあった。投打の軸でもある三ツ俣が6回に足が攣りマウンドを退き遊撃に入った。ところが、そこへ難しい打球が来て、それを追いかけたところで再び足が攣ってそのまま退場。修徳ベンチも一瞬ヒヤリとする場面だったが、この試合は大事をとったものの事なきを得たようだった。

急遽リリーフのマウンドに立った高橋は、バント安打と中前打でピンチを迎えかかったが、後続を角度のあるストレートと変化球で打ち取って落ち着くと、7回はぴしゃりと抑えてコールドゲームを成立させた。

まずは順当な戦いで初戦を制した鳥山泰孝監督は、「初戦ですから、やはり慎重になりましたが入りとしては十分合格点です。三ツ俣は1球1球に集中し過ぎた結果の事故だったと思いますが大丈夫です。監督というのは、考えすぎるくらいにさまざまなパターンを想定していくのですが、初戦としては80点くらいと言っていいでしょう」と評価していた。

春季大会準優勝で関東大会へ進出したチームだが、そこからまた1ランク上がって逞しくなったという印象だった。アクシデントもあったものの、チームのムードもよく勢いが感じられた。三ツ俣投手は6回途中までで、被安打3。本塁打で2点を失ったものの、持ち前のスライダーは切れ味もよかったし、あっさりと6三振を奪っていたのはさすがだった。

 シード校に立ち向かった

足立西

は、2回戦で中堅校の

駒場学園

に快勝しているだけに、その戦い方が注目されたが、結果的には力負けという形になった。先発した背番号9の左腕中村は1年生だが、打順も四番でチームの柱となっている。久保隼人監督は、「中村先発は決して奇策ではなく、修徳さん相手には面白いと思ったんですが、やはり相手が1枚上でしたね。ただ、もう少し(投打ともに)粘れるかと思ったのですが…」と、残念そうだった。

 それでも、3回には九番佐藤良が初安打すると、一番四童子が内側の球をタイミングよくミートして右翼スタンドへ運ぶ2ランを放ち一矢を報いた。また、4回途中からリリーフしたエースナンバーを付けた内田は長打も許したが、5~7回は修徳打線を0に抑えて意地を示した。

 内野のダイヤモンドを取るのがやっとという狭いグラウンドで、毎日工夫しながら練習している

足立西

。週末には積極的に強豪校と練習試合を組んで作り上げてきたチームである。打たれてしまった結果、スコアとしてはコールドゲームとなってしまったものの、守りで崩れることはなく、しっかりと練習を積んできているチームだという印象を与えるに十分の内容だった。

(文=手束 仁

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.13

【春季埼玉県大会】久喜北陽が昨秋に続き接戦の末、獨協埼玉を下して初戦突破!

2024.04.13

山川vs.甲斐野の”因縁の対決”が実現! プライドを懸けた戦いは、甲斐野が見逃し三振を奪う!

2024.04.13

【埼玉】春日部共栄、川越西、川口などが県大会へ<春季県大会地区予選>

2024.04.13

【近畿学生】奈良学園大が開幕3連勝!期待の変則右腕が勝利に導く

2024.04.13

立命館大の新入生に愛工大名電エース、大阪桐蔭外野手、昨夏甲子園・立命館宇治主力らがそろう!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?