試合レポート

千葉黎明vs千葉日大一

2010.07.14

2010年07月14日 千葉県営球場

千葉黎明vs千葉日大一

2010年夏の大会 第92回千葉大会 2回戦

一覧へ戻る

千葉黎明

Aシード校千葉黎明、緊迫した接戦を制し三回戦進出!

この日[stadium]千葉県野球場[/stadium]で行われた第二試合、千葉黎明千葉日大一の一戦。第一試合とは対照的に緊迫した投手戦となった。

千葉日大一の背番号3をつけた石田が終始力のある重いストレートとフォークを投げ込み、千葉黎明キャプテン須田を中心とした強力打線に立ち向かい堂々とした投球を披露。一方の千葉黎明2年生エース、サイドスロー の猪川、終始緩急をつけ打たせてとるピッチングで内外角に投げ分け、外角へストレート、スライダーの正確な出し入れ、超スローボールなども時折投げ込み千葉日大一の打線を翻弄した。その猪川から引き継いだ左腕小貫 も変則的な投球から気迫のこもったピッチングをみせこちらもナイスピッチング、両校とも一歩もひかない緊迫した試合が展開された。

チャンスでの一本が出なかった千葉日大一に対して、数少ないチャンスにタイムリーが出た千葉黎明が接戦を制し三回戦に駒を進めた試合となった。千葉日大一の石田にとっては死球と四球、自ら崩れタイムリーを呼んでしまった二回の投球が悔やまれる形となった。

また6回裏ノーアウトからランナーを出し千葉日大一がチャンスをむかえたが、千葉黎明のキャプテンでキャッチャーの須田がすばやいフィールディングで矢のような送球をセカンドへ送りダブルプレーにしとめたのが実に大きかった。須田の強肩ぶりにも今後益々注目が集まると思われる。

Aシード校相手に好投した石田だったが惜しくも勝利をあげることはできなかった。また千葉日大一の応援団が陣取った三塁側スタンドからは、父母会の方の大きな声援が終始グランドに響き渡っていた。ノーシード校の背番号3をつけた投手にこれだけのピッチャーがいることに驚きを覚え、また千葉県の高校野球が激戦区と言われる所以を感じた試合だった。

接戦を制し三回戦に駒を進めた千葉黎明高校。今年から監督に就任した及川監督、26歳と今大会一番若い監督の今後の攻撃的な采配にも注目が集まる。またこの日千葉日大一の石田の前に1点に抑えられた打撃陣も、須田を中心に本来の打撃を取り戻すようだと投手陣二枚がこの日好投しただけに投打がかみ合い甲子園への視界も晴れてくるだろう。今後の「ピーナッツ打線」に注目だ。

(文・撮影=国吉 辰一


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.14

【茨城】岩瀬日大が9回4点差を逆転、東洋大牛久も9回逆転サヨナラで県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.14

【奈良】高田商などコールド発進<春季大会>

2024.04.14

【山梨】日本航空、東海大甲府が初戦突破<春季大会>

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>