試合レポート

東日大昌平vs学法福島

2010.07.13

2010年07月12日 いわきグリーンスタジアム  

東日大昌平vs学法福島

2010年夏の大会 第92回福島大会 2回戦

一覧へ戻る


雄たけびをあげる引地(東日大昌平)

喜怒哀楽のマウンド

 「オゥリャー!!!」
何度、雄叫びをあげたことだろう。東日大昌平のエース左腕・引地航(3年)のボルテージは回を追うごとに高まっていった。6回まで

学法福島

打線を内野安打1本に抑えるピッチングを披露。マウンドで鋭い目つきと、トレードマークの笑顔を交互に使い分け、スコアボードにゼロを並べていった。

 

学法福島

の4番・菅原源稀(3年)に左翼線二塁打を許し、5番・平間亮(3年)から空振り三振で2死を奪ったが、6番・原田清也(2年)にレフト前に運ばれた。2死1、3塁となり、東日大昌平は、この日最初のタイムを使った。
この時、引地は「いじられて」いた。セカンドを守る青木慶弘(3年)にほっぺたをムニムニほぐされていたのだ。「笑顔が悪くなっていたので」と青木。引地の頬が緩んだ。そして、タイムの輪が解かれると、引地はグローブを左脇にかかえ、天に右手の人差し指を立てた。心を落ち着かせて投じた初球。相手の先発・松谷鷹也(2年)の打球は引地のグラブにノーバウンドで納まった。全身に力をこめて、腹の底から叫んだ。何度も何度も叫びながらベンチに戻った。

 

8回にもピンチがあった。この回先頭の大居力哉(3年)にレフト前ヒットを打たれ、さらに、キャッチャーのパスボールで進塁を許した。無死2塁。ここで2回目のタイムをとった東日大昌平。引地はまたも、青木にほっぺたをムニムニされた。気合を入れなおし、菊地啓聖(1年)をスリーバント失敗で打ち取る。その後、ショートゴロ、ファーストゴロでしのいだ。

 9回表、ポンポンと2死を奪う。勝利まで、あとアウト1つだったが、ここでセカンド・青木がエラー。今度は引地がなだめたが、「うるせぇ」と言わんばかりに頭をポンとはたかれた。最後は、またも青木のところに打球は飛んだ。が、今度は落ち着いて裁き、それを見届けた引地は両手を突き上げた。ピンチを凌いだときの雄叫びはなかったが、「してやったり」といった感じの表情で仲間とハイタッチを繰り返した。

 

吉田幸祐監督は「見た目は幼く見えるんですけど。自分らしくできますよね。気持ちが乗っていましたよね」と褒めた。
緊張の初戦を4安打完封で飾った引地は「弱気を強気で抑えられた」と振り返った。試合中、見えない敵と戦っていた。それは、弱気の自分と強気の自分。ところどころ出てくる弱気な自分を、胸を叩いたり、声を出したりすることで押さえ込んでいた。そうすると、強気な自分が現れて、相手に立ち向かっていけた。引地は言う。「野球は喧嘩だと思っているんで」。悪い意味はない。「バッターとの1対1の勝負が楽しくてピッチャーやっているんで。相手はノリがよくて、向かってきてくれた」。男の1対1の勝負。孤独なマウンド。いくら仲間が守っていても、試合を左右するボールを握っているのはピッチャー。全員で戦う競技ではあるけれど、ピッチャーはそれくらいの気持ちがないといけないのかもしれない。

 

感情を出すことに歓迎されない風潮があるが、それは「態度」によると思う。
むしろ、昨今、感情のコントロールができずにいる人間が多い中、こうして喜怒哀楽を表現できるのはいいことではないか。人を小ばかにしたような態度はいけない。でも、勝負を楽しむ中で、互いに意地と意地をぶつけ合う中で生まれる感情は、抑えてどうなるものか。

静かに淡々と投げるタイプの選手に叫べとは言わない。だけど、声を発することで能力を出せるのなら、それを抑えるのはもったいない。

特に引地の場合、全く嫌味ったらしく見えないのは、彼の人間性かもしれない。マウンドを降りれば、素朴な少年だ。

(文=高橋 昌江


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【青森】春季の4ブロック大会の組み合わせが決まる

2024.04.12

【茨城】明秀日立、霞ヶ浦などが県大会進出<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?