試合レポート

須賀川桐陽vs福島明成

2010.07.12

2010年07月11日 あづま球場  

須賀川桐陽vs福島明成

2010年夏の大会 第92回福島大会 1回戦

一覧へ戻る


小針(須賀川桐陽)

兄の思いを背負って挙げた完投勝利

 9回表、先頭打者にヒットで出塁を許したが、次の打者を打ち取りショートゲッツーで2死。勝利まであと1アウト。先発・小針朋晃(3年)は「2アウトになって、三振を取ろうとしました」と回想する。投げ急いだ結果、四球とエラーで走者を許し、2死1、2塁。すっきりとはいかなかったが、最後は「思いっきり投げた」ストレートでショートゴロに打ち取りゲームセット。須賀川桐陽が5-2で勝利した。

 須賀川桐陽の初戦のマウンドを任された小針は背番号10。岩渕雅士監督は「一番、コントロールが安定している。ウチの2枚看板の1人ですから。コントロールと変化球が通用するだろうと思って。展開によっては1番も考えていたけど、こういう展開になったので最後まで投げさせた」と話した。

 福島明成

に7安打2失点で完投した小針は「内容は悪かったんですけど、勝てたことは大きい。うれしいです。ホッとしています」と白い歯をこぼした。先発を言い渡されたのは先週の日曜日。「去年のベスト16を越えるためには1回戦が大事。(この一週間は)責任を感じて授業に集中できなかった」と振り返る。プレッシャーもあったが、「週末の練習試合と同じように調整した」。前日はボールを投げず、気持ちを作った。

 この試合、幾度かピンチがあったが、その時はこの言葉を思い出した。
「深呼吸をして、周りに声をかけろ」。
兄・拓真さんがこの日の朝、メールしてくれたアドバイスだ。ピンチを迎えるたびに、マウンドで深く息をして、野手に声をかけた。最後の9回2死1、2塁でもそうだった。アドバイスを実践することで冷静になれた。
拓真さんは現在、日大工学部の3年生。今はプレーしていないが、3年前の須賀川桐陽のエースだ。3年春、県大会で4位になり、夏のシード校になった。しかし、その夏は、初戦で散った。それも、0-16のコールド負け。当時、中3だった小針は学校があったため応援に行けなかったが、結果を聞いた時は驚いた。その時、兄は肩を痛めており、先発したもののわずか11球放っただけで無念の降板を強いられた。

 野球を始めたのは中学1年の時。小学校ではサッカーをしていたが、「サッカーに飽きて、兄が野球をやっていたんで」という理由から。中1の秋から投手に。兄の影響もあり、須賀川桐陽に進学した。投手を希望したが、最初はショートなど内野を守った。マウンドに戻ったのは、2年秋。ずっとやりたかったピッチャー。理由は「一番目立つから」。岩渕監督からも「やってみろ」と言われ、本格的に始めた。

 兄とは家の庭でキャッチボールをし、技術的なアドバイスをもらう。「体重移動や軸足にしっかりためろとか言われます」。“専属コーチ”として弟を教える兄の心の内には、きっと、彼の最後の夏が残っているのだろう。

 そして迎えた最後の夏。大事な初戦で先発マウンドを踏んだ。「11球以上投げたので、兄に勝ったなと思う」と、ちょっとおどけてみせた。一緒に住んでいるが、お互いの時間が合うことはなかなかない。それでも、会ったらこう言うつもりだ。
 「やったぞ。お兄を越えたから」――。

(文=高橋 昌江


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】

2024.04.24

東京国際大の新入生は、リーグ戦デビューの二松学舎大附の右腕、甲子園4強・神村学園捕手、仙台育英スラッガーら俊英ぞろい!

2024.04.24

【福島】田村、日大東北、只見、福島が初戦を突破<春季県大会支部予選>

2024.04.24

【佐賀】敬徳と有田工がNHK杯出場を決める<春季地区大会>

2024.04.24

【春季四国大会逸材紹介・香川編】高松商に「シン・浅野翔吾」が!尽誠学園は技巧派2年生右腕がチームの命運握る

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!