試合レポート

坂戸vs八潮南

2010.07.10

2010年07月10日 朝霞中央公園

坂戸vs八潮南

2010年夏の大会 第92回埼玉大会 1回戦

一覧へ戻る

竹谷(坂戸)

力を尽くした好投手戦は延長の末、坂戸が辛くも逃げ切る

坂戸・竹谷、八潮南・石井和、ともにスライダーを武器とする右腕投手だが、低めへの制球力と球のキレ味そのものがよく、見ごたえのある投手戦となった。

 お互いに、立ち上がりは初戦の緊張感もあったのだろう。石井和は先頭打者に安打され、死球などもあってピンチを招いたが何とか抑えた。竹谷は2死から須賀君、石井和に連打され四球で満塁にされ、六番清水が右中間へ運んで二者を返され、八潮南が先制した。これに対し、坂戸もすぐに2回、2死二塁から九番長野が中越二塁打して1点差とする。

 もっとも、ここまではこの後に続く、手に汗握る緊迫の試合のプロローグだった。

 4回にはお互いに外野手の好返球があって本塁で走者を刺すなど好プレーもあった。それ以外にも、よく鍛えられているという印象の内野陣は相次いで好フィールディングを披露していた。投手のリズムがいいので野手も守りやすかったということもあるのだろう。

 

 こういう展開の試合は次の1点の入り方がポイントになるだろうと思っていたが7回、坂戸は先頭の七番小久保が右中間へ三塁打すると、続く刀根の中犠飛で同点とした。結局、試合はそのまま延長に突入した。10回も簡単に2死となったが、坂戸はそこから一番基岡が失策で出塁すると、藤間も三遊間を破って一二塁。さらに、岡部も初球を叩いて同じような位置に安打して満塁。四番竹谷と石井和との勝負となったが、勢いに勝る坂戸は竹谷が左前へ運んで二者を返した。一塁側の坂戸ベンチはサヨナラ勝ちを決めたかのような大騒ぎだった。

 ところが、

八潮南

も粘った。その裏、1死後三番須賀君が右前打。つづく投ゴロ併殺かと思われた打球だったが、硬くなったのか送球が悪く一二塁となる。五番石井克はしぶとく一二塁間を破ると、中継ミスもあって二塁走者が帰り、なおも1死二三塁。一転して今度は八潮南が一打で逆転サヨナラという場面になった。勝負どころとなったが、ここで、竹谷が踏ん張って、後続を捕邪飛と三振に切って取って辛くも坂戸が逃げ切って、熱戦は終わった。

 試合後は、さすがに

八潮南

の選手たちは泣き崩れた。さまざまな思いが交錯するのだろう。試合が競り合えば競り合うほど、そして、見る側にとって面白い試合であればあったほど、敗者には辛い現実となる。それを目の当たりにするのもまた、夏の大会の光景なのだ。

 涙にくれる選手たちをねぎらいながら、

八潮南

の新井茂監督は試合を振り返った。「思いのほか早く先制点が入ったのですが、中盤に入って次の1点が取れませんでした。もう少し、粘り強い野球をしたかったのですが、それが出来ませんでした。10回に失策の後3連打されたことは結果ですし、その裏に返しきれなかったことも、積極的に行っての結果ですから責められません」。

 一方、歓喜の坂戸選手たちを迎えた天野茂昭監督は、「2~3点の試合になるだろうとは思っていましたから、予想通りの展開でした。とにかく、マークもされていたでしょうが竹谷にすべて任せ切りました。

八潮南

さんも好チームで、食らいついてきましたが、本当によく抑えてくれましたし打ってくれました」と、好試合を戦った相手とそれを凌いだ竹谷君を称えた。

 また、投打のヒーローとなった竹谷は決勝打については、「ここで決めれば勝てると思っていましたから、ストレートに絞って待っていました」。冷静に試合を見つめていた。

(文=手束 仁


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.21

【滋賀】綾羽、滋賀短大附、虎姫が3回戦へ<春季県大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード