試合レポート

名西vs鳴門第一

2010.06.05

2010年06月05日 鳴門工業高校グラウンド  

名西vs鳴門第一

2010年 徳島県高校総体協賛ブロック大会(中央Bブロック)  1回戦

一覧へ戻る

名西・上崎健太投手(3年)

「コールド負け」から「コールド勝ち」へ

春の県大会では選手9人のみで戦った名西。181センチ68キロの恵まれた体格をいかし、常時130キロ後半の伸びのある直球とスライダーに目を見張るものがあり、1回戦では阿南工にも競り勝った右腕・上﨑健太(3年)の存在は際立っていたが、2回戦で4回まで接戦を演じながら5回裏に8点を失い、コールド負けを喫した阿波戦に象徴されるように、守備力とメンタル面に大きな問題を抱えていた。

しかしこのゲームでは一転、相手が「投手2人が故障中で、今日は一番肩の強いセンターの信田知希(3年)を投げさせざるを得なかった」(鎌田智仁監督)とはいえ、昨夏準優勝の鳴門一を攻守共に圧倒して7回コールド勝ち。わずか2ヶ月の期間で彼らは劇的な変化を果たしたのである。

その要因の1つには今年4月池田から転任、小松島監督へと転任した豊富尚博氏からチームを引き継いだ矢川雅英監督の存在があった。選手たちには、ハートを大切にする豊富監督の指導方針を大事にしつつ「もっとやれる力があるよ」と「ポジティブな考えを引き出す」作業に着手。

同時にランナーをおくと上体に頼りすぎて痛打を浴びていた上﨑にも下半身を使って球持ちをよくするフォーム改造を行い、7四死球を与えながらも7回を2安打完封する好投に結びつけた。

「部員も15人になって活気が出てきた」とは「肩の力を抜いて低めに投げるようにしている」上﨑の談。徳島屈指の好投手を看板に日に日に自信を手にしている名西は夏の徳島大会でも台風の目となりそうだ。

(文=寺下 友徳


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

【東京】ベスト8をかけ激突!関東一、帝京、早稲田実業などが登場<春季都大会>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【茨城】明秀日立、霞ヶ浦などが県大会進出<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?