試合レポート

川島vs池田

2010.06.04

2010年06月04日 吉野川運動公園野球場  

川島vs池田

2010年 徳島県高校総体協賛ブロック大会(西部ブロック) 2回戦

一覧へ戻る

東谷祐希(川島3年)

これぞ高校野球!緊迫と白熱の一戦は川島大逆転勝ち!

第3試合の2回戦2カード目は全国的にも注目を集める一戦が組まれた。
21世紀枠で出場した先のセンバツでは昨秋の神宮大会覇者の大垣日大相手に感動的な戦いを繰り広げた川島と、地元・ 池田 が対戦。
特に 池田 は「攻めダルマ」の異名を持つ故・蔦文也監督の後を受け継いて母校を2度、夏の甲子園に導いた岡田康志監督の12年ぶりとなる 池田 復帰後、初の公式戦とあって、500人近くは入るバックネット裏のスタンドは現役池高生からオールドファンまで多くの観客によってほぼ埋め尽くされた。

そして試合はその期待に違わぬ好勝負となる。
1回表裏に両校が3点ずつを取り合う激しい打ち合いの後は、川島のエース東谷祐希(3年)を「細かい部分の野球ができるかできないかを大事にしている」(岡田監督) 池田 がシェアなスイングで勝ち越し、それをセンバツ後は公式戦2連敗、練習試合でも思うような成績が上げられなかったことから、「今日は勝つことにこだわることをテーマにしてきた」(北谷雄一監督)川島が四死球を絡めて追う白熱の展開に。

それでも7回裏にバントを絡め、3番ショートの宮下佑介のタイムリーで5対4と勝ち越した 池田 は、先発の村下良介(3年)から5回途中には藤山強志(2年)、9回からは西岡大地(2年)とつなぐ必死の継投策で9回表2死3塁まで川島を追い詰めたのである。

しかし、その前に立ちはだかったのは川島の4番キャッチャー・南優希(3年)であった。
1ボール後の真ん中低めの直球を迷わず振り抜いた南の打球は瞬く間に三塁線を抜け、この日3安打3打点目となる同点タイムリーに。
さらに続く5番・レフトの小崎文也のセンター前タイムリーで大逆転を果たした川島は、その裏を東谷が雄叫びを上げながら3者凡退でしのぎきり、6対5で 池田 を下し6日、 脇町 との準決勝へ駒を進めたのであった。

第1試合レポートの最初にも触れたが、この大会は夏に向けてシード権争いの対象になる大会ではない。言い換えれば「負けても影響のない、調整に努めても構わない」大会である。それでも現状のベストメンバーで真摯にかつ真剣に勝敗にこだわり、最後の最後までファイティングスピリットを失わなかった両校。彼らに改めて拍手を贈ると共に、高校野球の原点を見せてくれたことに感謝したい。

(文=寺下 友徳


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【春季愛知県大会】日本福祉大附が4点差をはね返して中部大一に逆転勝ち、ベスト8に進出

2024.04.22

【春季愛知県大会】中部大春日丘がビッグイニングで流れを引き寄せ、豊橋中央を退ける

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.17

青森大にソフトバンク2選手の弟、青森山田の4番打者、横浜創学館大型外野手らが加入!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!