試合レポート

報徳学園(兵庫)vs向陽(和歌山3位)

2010.05.30

2010年05月30日 県営紀三井寺球場  

報徳学園(兵庫)vs向陽(和歌山3位)

2010年 平成22年度春季近畿地区高校野球大会 1回戦

一覧へ戻る

報徳学園 谷康士朗(9回サヨナラ打を放つ)

〝逆転の報徳〟9回逆転サヨナラ勝ち

『逆転の報徳』はこの日も健在だった。7回まで両チーム0行進。8回に2番手のエース・大西一成(3年)が向陽の藤田達也(3年)に一発を浴び、さらに重苦しいムードになった。

 9回、先頭の4番中島一夢(3年)がヒットで出塁。続く5番越井勇樹(2年)の送りバントは相手のエラーを誘って1、2塁とチャンスを広げた。6番森田浩暉(3年)へも永田裕治監督は当然送りバントの指示を出す。しかし森田は痛恨の失敗。永田監督も「情けない」と一度は項垂れた。

 永田監督は7番の所で代打・浦崎裕理(3年)を起用。県大会ではレギュラーだった浦崎は「練習でも改善が見られない」との理由からスタメンを外れていた。この浦崎が意地を見せる、初球を振り抜くと打球は三塁線を破る二塁打、土壇場で同点に追いついた。

 藤田と大槻司(3年)の向陽バッテリーはここで満塁策を選択。2死となり打席には1番谷康士朗(3年)。「みんながつないでくれたから何とかしたかった」という谷は、藤田の3球目を弾き返すと打球はレフト前へ転がった。

 「(ミスも多く)らしくない試合だったが、勝てたことが大きい。公式戦を戦うことで、練習試合を10試合くらいする価値がありますので」と話した永田監督。

 この日は打線に助けられたが、故郷・和歌山で凱旋登板を果たしたエース・大西も「次こそはしっかり投げたい」と前を向いた。
競ったゲームでも負けない野球を少しずつ身につけてきたようだった。

(文=松倉雄太


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.13

【春季埼玉県大会】久喜北陽が昨秋に続き接戦の末、獨協埼玉を下して初戦突破!

2024.04.13

山川vs.甲斐野の”因縁の対決”が実現! プライドを懸けた戦いは、甲斐野が見逃し三振を奪う!

2024.04.13

【埼玉】春日部共栄、川越西、川口などが県大会へ<春季県大会地区予選>

2024.04.13

【近畿学生】奈良学園大が開幕3連勝!期待の変則右腕が勝利に導く

2024.04.13

立命館大の新入生に愛工大名電エース、大阪桐蔭外野手、昨夏甲子園・立命館宇治主力らがそろう!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?