Column

初球・カーブ・ボール 習志野vs桐生第一 第62回春季関東大会

2010.05.23

無死満塁コラム

第2回 無死満塁コラム2010年05月24日

 無死満塁――。

 攻撃側にとってはビッグイニングが期待できる大チャンス。守備側にとっては大ピンチ。攻撃側のファンは大量点を期待し、守備側のファンにとっては最低でも1点を覚悟する。見ている誰もが「点は入るだろう」と予想する状況だ。

 ところが、これが意外と点が入らない。『甲子園戦法 セオリーのウソとホント』(朝日新聞社)によれば、もっとも点が入るのは無死三塁(81,4%)、次いで無死一、三塁(77,3%)で、無死満塁(76,0%)は三番目にすぎない。アウトはゼロ、走者は3人。それなのに、なぜ点が入りにくいのか。無死満塁では、たいていの監督は一人目の打者にはヒィッティングを指示する。そこで安打が出れば大量点が見えてくるが、アウトになると1死満塁となるため、併殺が怖くなる。だからといってスクイズを敢行したくとも、フォースプレーのために失敗しやすい。「では、どうすれば……」と息づまってしまうのだ。

 無死満塁でゼロに終わると、攻撃側にはダメージが大きい。流れは守備側に傾く。逆にいえば、守備側はピンチだが、流れを引き寄せる大チャンスともいえる。無死満塁で監督はどんな采配をふるうのか。はたまた、プレーしている選手の心境は。実際の試合から、それぞれの無死満塁を検証してみたい。

このページのトップへ


習志野vs桐生第一 第62回春季関東大会2回戦

【 四番・山下斐紹(習志野) 】

 ことは単純ではない。意外にも頭を悩ませていた。

第62回春季関東大会2回戦、習志野対桐生第一。2対0と習志野リードで迎えた5回表に習志野は無死満塁のチャンスを迎えた。ここで打席に入るのは、四番・山下斐紹。2年生だった昨春のセンバツでも中軸を任されたプロ注目の打者だ。
無死満塁で四番――。
見ている側からすれば、ヒッティング以外はほぼ頭にない。この場面では、習志野がどんな作戦をとるかというより、 桐生第一 バッテリーがどんな配球をするのか。それに対して山下がどんな打撃をするのか。興味があるのはそこだ。
ところが、習志野・小林徹監督は違った。打たせるのか、スクイズをするのか、決めかねていたのだ。

「打たせると決めていた? 全然。正直、迷ってました」。

それにはわけがある。5回終了後のグランド整備中、小林監督はナインを集めてこんな話をした。
「次の回(6回)が初回だよ。しかも攻撃が始まるのは先頭打者からだ。1点取ろうという野球をずーっとしていけ」。
2点のリードは忘れ、6回を初回のつもりで確実に点を取れる作戦を選択する。それだけ3点目に重みを感じ、次の1点へのこだわりがあった。

 事実、6回はその言葉通りの攻め。一番の本山貴士がインターバル直後の第1球を狙った見事なセーフティーバントで出塁すると、二番の中村敦貴は初球を確実に送りバント。これがサードのエラーを誘うと、初回に本塁打を放っている三番の福田将儀も迷わず送りバント。これが内野安打となった。1点を取るために、ひとつずつ確実に塁を進めようとした結果から生まれた無死満塁だったのだ。
だからこそ、小林監督の頭にはスクイズも浮かんだ。だが、山下への初球、カーブが外れてボールになった時点で腹は決まった。サインは「打て」。
2球目の外角ストレートを、山下はライト前に弾き返した。これで勢いに乗った習志野は続く早野凌太、宮内和也が連続してライトへの犠牲フライ。5対0として、勝負を決定づけた。
「山下のところで、初球のカーブがボールだったでしょう。配球からして、あれで打たそうと思いました。初球のカーブがストライクだったらば、うーん(どうしようか)となっていましたね」。

 小林監督には 桐生第一 バッテリーの配球がばっちり頭に入っていた。 桐生第一 のエース・2年生左腕の前田大介が5回までに投じた75球を見ると、変化球がボールになったのが12度(四球となった球は除く)。そして、そのすべてで次の球にストレートを投げている。カーブがボールになった時点で、山下は次の球をストレート一本待ちで思い切って振ることができる。これで小林監督は次の球を山下に託した。

「迷いをなくしてあげたかった。打たせるのも、スクイズをさせるのも監督の選択。例えば、そこで打ってゲッツーになったって、スクイズしてピッチャー前に転がって封殺されたって、それは監督が選択したんだからしょうがねぇって、そういうふうにしてあげたいんですよね」。

 左打者の山下が左投手の外角球を思い切って引っ張れたのは、指揮官が迷いを取り除いてあげたからこそだった。
「ノーアウト満塁って、一人目のバッターでしょう。山下が打ったからあとも続いた。1点取ろうと言っていたので、そういう意味で、山下のあとの2点目、3点目はおまけというつもりでした」。

 ちなみに、習志野は7回にも2イニング連続して無死満塁を作っている。6回同様、この回も死球のあとの送りバントがエラーを呼び、内野安打になっての満塁。打席に入った三番の福田に対して、小林監督は「(サインを出さないように)もう手を後ろに組んでました」。5対0と大きくリードし、相手はミスを連発するなど試合は完全な習志野ペース。こういうときは、何もせず、流れに乗って攻めた方がいい結果が生まれやすい。
「あそこでスクイズだとかね、エンドランとかかましてドツボにはまる、そういうことはやりたくない。それは僕(監督)の自己満足ですから」。
結果的に福田はライトへの2点二塁打。さらに山下、早野にも連続犠牲フライが出て、ダメ押しとなる4点を追加した。

 5回まで2対0。どちらに転ぶかわからなかった試合が、終わってみれば9対0で習志野の7回コールド勝ち。「あの1点がすべてだし、あの初球だね」。
流れを決めたのは、5回の主砲のタイムリー。すべては、無死満塁からの“初球・カーブ・ボール”だった。

このページのトップへ


この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】

2024.04.24

【佐賀】敬徳と有田工がNHK杯出場を決める<春季地区大会>

2024.04.24

【春季四国大会逸材紹介・香川編】高松商に「シン・浅野翔吾」が!尽誠学園は技巧派2年生右腕がチームの命運握る

2024.04.24

【福島】田村、日大東北、只見、福島が初戦を突破<春季県大会支部予選>

2024.04.24

東京国際大の新入生は、リーグ戦デビューの二松学舎大附の右腕、甲子園4強・神村学園捕手、仙台育英スラッガーら俊英ぞろい!

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!