試合レポート

天理vs登美ヶ丘

2010.05.22

2010年05月22日 郡山市営球場

天理vs登美ヶ丘

2010年春の大会 奈良県春季大会 決勝

一覧へ戻る

天理・安田(3回レフトスタンドへ2ラン)

天理が圧勝で、奈良大会を制覇!

 3年ぶり22度目の優勝。
天理が17-3で登美ヶ丘を下し、春の頂点にたった。

 準決勝の再試合を含めて、3試合で47得点。ここへきての爆発力は驚異的である。中村、安田、内野で形成するクリーアップの破壊力だけでなく、残った走者をきれいに掃除する6番・岩崎、粘り強い打撃でつなぎに徹する、1番・井上、2番・柳本、7番・長谷川。代役で、今大会から急きょ捕手を務める西浦丈の活躍もしぶかった。

 しかし、今日に限って言うと、単なる打撃の破壊力だけで取った17得点と決めつけるのは早計である。したたかな得点能力の高さに目をそむけると、天理というチームを見誤ることになる。

 とにかく、次の塁を陥れる走塁がしたたかなのだ。主将の安田は言う。
「森川先生が復帰されて、走塁面のことをよく言われてきました。今までは、『打てばいいやろ』と思っていたところがありました。そこが変わったと思います」。

ダブルスチールあり、守備がもたつく間の積極果敢な走塁あり。数字だけの部分ではないところに、今日の天理の強さはあった。
その最たる場面が7回である。途中出場の坂倉が右中間を破る三塁打の場面である。打球を放った時点から、坂倉は三塁を狙っていたが、何よりも、際立ったのはその後だ。 登美ヶ丘 の守備陣が中継に入りながら、走者の確認を怠り、油断していると。坂倉はスキを見逃さず、本塁を陥れたのである。

これは90回大会の2回戦、 常葉菊川VS福知山成美 戦でもみられたプレーで、当時は、 常葉菊川 のしたたかさと 福知山成美 の声の連携ミスが大きく取りざたされたものだった。
このプレーをどう評価するかは人ぞれぞれだ。今日の試合でいえば、坂倉の好走塁なのか、 登美ヶ丘 が緩慢プレーなのか。

 登美ヶ丘 のことしのチームスタイルは大胆に打つチームだ。ち密に守るというよりも、むしろ、果敢に攻めていく。細かいことは気にしないといったくらいだ。カバーリング、全力疾走にこだわりがなく、とにかく、気分良く戦っていく。そうした戦いで、右腕でNO1評価と言われた桑原のいる 王寺工 、好守に力強さの戻った 高田商 を粉砕してきたのだ。

 良いとも、悪いとも言えない。いや、ここまでは勝って来たのだから悪くはなかったのだろう。自分の5メートルしかカバーリングに行かない捕手も、遊撃ライナーで走塁をやめてしまう4番打者も、それがこのチームのスタイルで、持ち味だったのである。

今日の試合に限って言えば、そのスタイルを天理がただ上回っただけだ。
20安打17得点は見事というしかない。

 「3月23日に、復帰させてもらった時、走塁ができていないという印象でした。そこだけに力を入れてきたわけではないんだけど、少しずつ、やろうとしていることを選手が理解してきて、形にはなってきたかなと思う。(今大会は)去年を見ていないので、私自身、ほとんど手探りでした。打順を変えたり、投手をやりくりしたり、コンバートをしたり…そういう意味では、いろんなことを試せた春季大会だったと思う」。
森川監督は、今大会をそう総括した。そのうえで、「まだまだ新チームのような状態から、少し力がついてきたところ」と、チーム力向上に抜かりはなかった。

昨秋は打つだけだったチームが得点力をあげて、つかんだ3年ぶりの県大会制覇。一つの結果を残せたという自信と、さらなる進歩のために、天理はまた一歩階段を上ったような気がした。

(文=氏原英明
(写真=松倉雄太

[:addclips]

[:report_ad]


この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.18

【神奈川】保土ヶ谷球場では慶應義塾、横浜が登場!東海大相模は桐蔭学園と対戦!<春季県大会4回戦組み合わせ>

2024.04.18

首都二部・明星大に帝京のリードオフマン、東海大菅生技巧派左腕などが入部!注目は184センチ102キロの大型スラッガー!

2024.04.18

強豪校を次々抑えて一躍プロ注目の存在に! 永見光太郎(東京)の将来性を分析する<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.04.18

【山形】鶴岡東は村山産業と山形工の勝者と対戦<春季シード決定ブロック大会組み合わせ>

2024.04.18

【春季埼玉県大会】ニュースタイルに挑戦中の好投手・中村謙吾擁する熊谷商がコールド発進!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード