試合レポート

浦和学院(埼玉2位)vs日川(山梨1位)

2010.05.17

2010年05月17日 ひたちなか市民球場 

浦和学院(埼玉2位)vs日川(山梨1位)

2010年春の大会 第62回春季関東地区高校野球大会 準々決勝

一覧へ戻る

浦和学院ニューバージョン

関東大会限定バージョンユニホームで快進撃の浦和学院

 昨年この大会を制した浦和学院だが、この大会限定ということで新ユニホームで登場している。
これは、昨年末埼玉選抜を率いた森士監督が、その時使用したジャパン代表デザインのユニホームを気に入って今大会だけ採用してみようということになったからだ。「自分も来ているんですけれど、最初はベンチでいても変な感じで、別のチームみたいに感じていました。3試合目でようやく慣れてきた感じですかね」と言っていたが、結局このユニホームでここまで負け知らずということになる。
もっとも、夏の大会は「私の恩師でもある前任の監督さんの思いの詰まったユニホームですから、そんなに簡単には替えられません」ということで、従来の「URAGAKU」のユニホームで出場するという。それにしても、浦和学院くらいに知名度のあるところが、セカンドユニホーム的に新デザインを着用するということに驚かされた。

 一方、32年ぶりの関東大会出場となった 日川 。全国に先駆けて公立校で体育科を設置した学校でもあったが、伝統ある進学校である。マイナーチェンジこそしているが、白のアンダーシャツで胸に「HIKAWA」のスタイルは変わらない。これも、伝統を背負っているということがいえよう。
ユニホームの話題はそれくらいにして、この試合の内容である。

 浦和学院は昨年もこの大会で投げている、背番号3の萩原大投手が先発したが、昨年から投げ方が大きく変わって左のサイドハンドになっていた。森監督によると、「今までの投げ方だと、左投手の割に左打者に打たれるということが多かったんですよ。それで、いろいろ工夫して少し手を下げてみたら、これがうまくはまったみたいでやっと落ち着いたんです。投球度胸とか、マウンドさばきとかは本来持っている投手ですから」ということである。ただ、本来であれば、9点リーとした7回表そのままぴしゃりと押さえてほしかったというのが本音だろう。

 浦和学院は初回、1番石田がいきなり右線二塁打して出ると、バント野選で進み2死後押し出しで先制。六番石橋の犠飛で2点目が入る。1点差となった3回には無死満塁から犠飛と、さらに満塁から八番沼田の三塁打で走者一掃。4回は四番原のタイムリー、6回は三番星の右中間三塁打などで3点を加えて突き放した。

 日川 の先発、下手投げの古屋は何とかかわそうとして投げていたが、少し甘いと浦和学院打線に持っていかれた。海風が強いひたちなか市民球場で、投手にとってフォローとなるのだが、下手投げでそれほど球の速くない古屋にとっては投げ辛かったのかもしれない。制球にも乱れがあったが、間合いも長くテンポもよくなかった。 6回途中からリリーフした古宿も、抑えきれなかった。
日川 は大量点を失って、結果的にはコールドゲームとなったが、7回に奥脇、比志の安打などで3点を返して一矢を報いた。

 

(写真・文=手束仁


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.20

【千葉】拓大紅陵、市立船橋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【群馬】センバツVの健大高崎がコールド発進、前橋育英、明和県央も初戦突破<春季大会>

2024.04.20

【春季神奈川大会】東海大相模の198センチ左腕・藤田 琉生が公式戦初完封!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード