試合レポート

土浦湖北(茨城2位)vs花咲徳栄(埼玉1位)

2010.05.15

2010年05月16日 ひたちなか市民球場 

土浦湖北(茨城2位)vs花咲徳栄(埼玉1位)

2010年春の大会 第62回春季関東地区高校野球大会 2回戦

一覧へ戻る

金子(土浦湖北)

土浦湖北が3回犠飛で挙げた1点を金子の好投で死守

 早いテンポの試合は1時間38分で終わった。両チームともに5安打しか放つことが出来なかったので、貧打戦という声もあるかもしれないが、ここは両投手がよく投げた好投手戦だったといっていいだろう。

 両チームを通じて唯一の得点は3回に土浦湖北が挙げた。
 この回、1死から九番上野が四球で出ると、松尾が一塁手強襲の安打で続く。さらに、影山の当たりは併殺を焦った 花咲徳栄 内野が珍しく乱れて落球し満塁となった。ここで、三番野坂が右犠飛を放って三塁走者を返した。結局この1点のみということになったのだが、この時点ではまさかそんな展開になるという感じでもなかった。
ただ、 花咲徳栄 の松本、土浦湖北の金子の両右腕投手がそれぞれ持ち味を出して好投していた。松本は、投げ下ろす時に腕を伸ばして、角度を意識したような投げ方で、多少強引な感じがしないでもないが、球はいい感じで捕手のミットを叩いていた。金子はスリークォーター気味だが、地肩も強そうで馬力で投げて来るという印象だった。

スピードそのものは、132~3km/hなので速さで圧倒するというタイプではないものの、気持ちでも思い切りのよさでも負けてはいなかった。ある程度、芯で捉えられていたかなという印象もあったのだが、それでも野手の正面へ行くことが多かったのは、それだけコースがよかったということもいえるのではないだろうか。

実は、4年前にも土浦湖北は金子投手(現大正大4年)で関東大会に駒を進めているが、今回はその弟がチームを引っ張り、春の関東大会初勝利となったのだ。
途中、県1位の 下妻二日大鶴ケ丘 に敗退したという報が入り、開催県の茨城勢は既に3校が姿を消したことになってしまい土浦湖北が何とか、地元としての面目を保ったという形になった。小川幸男監督も、地元代表校として県勢全滅を逃れたことにも安堵していた。そして、「ウチのような環境のところはどうしても守り主体のチーム作りとなってしまいますが、まさか、1―0とは思いませんでした。私としては、こういうスコアでの勝ち方は嬉しいものですよ。こっちは、あまり点が入らない展開になることは予測できました」。ただ、7回には1死一塁で一番松尾が右翼フェンスを直撃する一打を放ちながら、先の走者の判断ミスがあり三塁で刺されてしまうという拙い走塁などもあった。

それらの課題を含めて、夏を見据えた戦いとしては、海沿いで風も強く、球場全体もファールグラウンドも広いのが特徴となっている、ひたちなか市民球場という場所で試合をして勝てたことも大きかったという。

また、 花咲徳栄 としては、この試合は落としたものの、五明、橋本に次ぐ投手として松本が十分に投げられるということがわかったのは大きかったのではないだろうか。この日は、打線が土浦湖北の金子投手の術中にはまったところもあったが、やはりチーム力は十分に高いということは確かである。

(文=手束仁


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.13

【春季埼玉県大会】久喜北陽が昨秋に続き接戦の末、獨協埼玉を下して初戦突破!

2024.04.13

山川vs.甲斐野の”因縁の対決”が実現! プライドを懸けた戦いは、甲斐野が見逃し三振を奪う!

2024.04.13

【近畿学生】奈良学園大が開幕3連勝!期待の変則右腕が勝利に導く

2024.04.13

【埼玉】春日部共栄、川越西、川口などが県大会へ<春季県大会地区予選>

2024.04.13

立命館大の新入生に愛工大名電エース、大阪桐蔭外野手、昨夏甲子園・立命館宇治主力らがそろう!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?