試合レポート

今治西vs小禄

2010.05.14

2010年05月15日 坊ちゃんスタジアム  

今治西vs小禄

2010年 第24回愛媛・沖縄親善交流高校野球試合

一覧へ戻る

佐々木裕弥(今治西)

今治西、「自信回復」への第一歩踏み出す!

昨秋は四国大会を制し明治神宮大会もベスト4へ進出。しかし先のセンバツでは 三重 の前に初戦サヨナラ負けで散った 今治西 。誰もが沈痛な表情を浮べた試合後のインタビュールームは、自信を胸に大舞台へ乗り込んだ彼らが受けた衝撃の大きさを端的に物語っていた。

その後も 今治西野村 とのチャレンジマッチでは4対3と辛勝したものの、 春季四国大会 では 岡豊 に2安打で2点を失い初戦敗退となかなか昨秋のイメージを取り戻せていないのが現状。よって名前に「親善交流」が付く 小禄 戦といえども、「自分たちとしては夏に向けて勝つまで戦う中での通過点」(大野康哉監督)と位置づけているチームにとっては自分たちの持ち味を発揮し全力で勝ちに行くべき戦いである。

その意気込みは1回裏から結果となって現れた。センバツではエースナンバーを背負うも、この試合では1番・レフトに入った日野玲央奈(3年)がいきなり3塁打で出塁すれば、3番・合田亮弥(2年)の3塁打と5番・倉渕俊の内野安打で2点を先制。その後も8安打全てを得点に活かした効率的な攻めは、好機を逃さず得点を重ねた昨秋の片鱗をうかがわせた。

一方、これまでは3番手的存在、センバツではワンポイントリリーフで退いた佐々木裕弥(3年)も8回3分の2を1失点、自責0の好投。「崩れなかったことが不思議、スキだらけ」と指揮官の採点は極めて辛口であったが、137球のうち7割程度をストレートで押す強気一徹の投球スタイルは、チーム内に今後大きな刺激を与えることは間違いないだろう。

試合後には「足りない部分が多いと言わざるを得ない」とさらなる高みへの課題を口にした大野監督。それでもチャレンジマッチ後に「今日は選手たちに励まされた」としみじみ話した時とは対照的な鋭い眼光は、この試合が昨秋手にした自信回復への第一歩となったことを如実に表すものであった。

(文=寺下 友徳


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.11

【茨城】水戸商、茨城キリストなどが県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.06

【春季愛媛大会】松山商が攻守につなぐ野球で66年ぶり秋春連覇! 第1シードの夏23年ぶり制覇へ「時は来た!」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?