試合レポート

横浜創学館(神奈川2位)vs修徳(東京2位)

2010.05.14

2010年05月15日 水戸市民球場 

横浜創学館(神奈川2位)vs修徳(東京2位)

2010年春の大会 第62回春季関東地区高校野球大会 1回戦

一覧へ戻る

五木田(横浜創学館)

辛抱の横浜創学館、終盤に逆転し逃げ切り

 この春はブロック予選から勝ち上がって東京都大会準優勝の 修徳 。試合をしながらチーム力を整備していったという感じだったが、12年ぶりとなった関東大会が一つの結果として評価されていいのであろう。このチームは、鳥山泰孝監督が就任したときに入学してきた生徒たちが3年生になったということもあり、鳥山監督としても思いは特別なところがあるのかもしれない。チームのモットーとして、「自立、団結、決定」を掲げて作り上げてきた。

 修徳 は初回、1死後二番池田が右越二塁打すると、菊入の右中間三塁打で返し先制。三ツ俣も右線三塁打してこの回2点が入る。三ツ俣は4回には左越ソロを放ち、背番号6ながらエースで四番という立場といってもいい三ツ俣は投打にフル稼働していた。 ストレートは142~3㎞/hで球の回転もいい。4回は無死満塁とされながらも内野ゴロの間に返しされた1点のみに抑えていた。こうして、序盤から中盤は完全に 修徳 の流れの試合だった。

 それでも、横浜創学館は辛抱しながら食い下がっていた。5回にも一番井村の左中間二塁打と木村のタイムリー打で1点差とした。さらに四番長尾が二塁打してチャンスを広げたが、ここは三ツ俣が踏ん張った。しかし、これが長尾の次の打席につながったようだ。

 2死二塁で迎えた7回、長尾の4度目の打席はフルカウントから内側少し甘めに入ったところを捉えて、右翼へ逆転2ラン。さらに横浜創学館は8回にも、2死から内野、遠藤の八、九番が長短打。井村も左越二塁打して、結果的にはこれが決勝打となった。三ツ俣投手としては、前半はやや制球に苦しんだ得意のスライダーが後半に決まり出して、スイスイと行こうとしたところを横浜創学館の粘りのある打線に捕まった。

 横浜創学館は五木田投手も粘り強く踏ん張って、9回2点を追い上げられさらに一打逆転という場面にもなったが、何とか凌ぎ切った。抑えられながらも逆転した森田誠一監督は、「こんな試合もあるんですね。8回には打撃では一番期待していない二人が打つんですからね。相手投手はいい投手で、最初は全く打てませんでしたが、最後までこのままいくということはないだろうから、どこかで崩せるんだということは言っていました。長尾は歩かされるかと思ったのですが、勝負してきたところをすかさずよく打ってくれました」と振り返った。

序盤のリードをキープしきれなかった 修徳 だったが鳥山監督は、「3―0になっても油断していませんでしたし、逆転されても誰も諦めていませんでした。こうした舞台に出られて、こういう試合が出来たことでまた一つ精神的にも強くなっていかれると思います。選手たちは夏へ向かって、もっと成長していかれると思います」と、夏へ向けて力強く熱い思いを語った。いいチームになっているという印象を残してくれた。

(文=手束仁


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.22

【春季愛知県大会】日本福祉大附が4点差をはね返して中部大一に逆転勝ち、ベスト8に進出

2024.04.22

【奈良】天理は快勝で初戦突破、智辯学園は継続試合に<春季大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.17

青森大にソフトバンク2選手の弟、青森山田の4番打者、横浜創学館大型外野手らが加入!

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!