試合レポート

習志野vs浦安

2010.05.04

2010年05月04日 銚子市営球場

習志野vs浦安

2010年春季千葉県大会 県大会 準決勝

一覧へ戻る

歓喜の瞬間・習志野高校

習志野、接戦で浦安を下し決勝進出!

銚子市営球場での準決勝第一試合、習志野浦安 の一戦、ゆめ半島千葉国体高等学校野球(硬式)リハーサル大会として行われた。前日から銚子入りし球場には六時前に到着したが既にチケット販売所の前には列が出来ており、9時から販売開始のところあまりの人の多さ、列の長さに8時半にはやめられて販売された。決勝をかけた二試合、地元 銚子商業 などの登場もあるこの日、新装された銚子市営球場は最終的に外野を解放、ほぼ満員の大盛況となった。

先発は習志野が末松、 浦安 が会沢、両左腕の先発で試合開始。
一回表 浦安 の攻撃、一番菅原が内野安打で出塁すると、バントで送った後三番会沢の内野ゴロの間に三塁へ進塁。二死三塁とした後四番鞠子がたちあがりの習習志野末松の投球を見事に捕らえライト前に先制タイムリー、1-0と浦安が先制。

対する習志野一回裏の攻撃、こちらも立ち上がりの浦安会沢を攻め一番本山が四球で出塁すると、バントで送り一死二塁。ここで三番福田の放った打球は強烈なサードライナー、これを 浦安 の三塁大野が好捕。しっかり守り会沢を盛りたてると続く四番山下をファーストゴロにしとめた。

続く二回裏も習志野五番早野の初ヒット等で二死一二塁とされるもこの場面もよくしのいた 浦安 会沢、強力習習志野打線を相手に立ち上がりから持ち前の気持ちが入る投球をみせた。

三回表の 浦安 、追加点が欲しいところで一番菅原が二打席連続のヒットを放ち出塁、習志野末松のワイルドピッチの間に二塁へ進塁、ノーアウト二塁のチャンスを作るも後続が続かず。さらに四回表にも四番鞠子のツーベース等で一死三塁のチャンスを作るもここもまた得点ならず、あと一歩攻めきれない 浦安 打線。

習志野の左腕末松、長身でスリムな体から投げ込む投球は、緩い変化球を低めに集め、緩急をつけた投球が効果的。先制されるもその後はペースをつかみ 浦安 打線に的を絞らせない好投をみせた。

三回裏習志野の攻撃、一番本山がライト前ヒット、ノーアウト一塁。一死三塁とした後、三番福田がスクイズを成功させ習志野同点。さらに四回表、五番早野がレフトオーバーの二塁打を放ちチャンスを作るとここで七番片桐がタイムリー、2-1と習志野逆転に成功。

五回を終わった時点で2-1、ヒット数も4-4と両左腕投手の好投もありしまった好ゲームとなった。

試合は終盤、七回裏習志野の攻撃、一死満塁と 浦安 会沢を攻め立て一気にゲームを決めるかに思われたがここでも 浦安 会沢がふんばり得点を与えず一点差のまま。迎えた8回表の習志野、一死から七番片桐がヒット、バントで送って二死二塁、9番水野の内野強襲の安打で二死一三塁。ここで一塁ランナーが盗塁をしかけ、キャッチャー二塁送球の間に三塁ランナーが一気にホームをつき貴重な三点目が入り3-1。

なんとか粘りたいところの 浦安 、二点差で迎えた最終回9回裏。四番鞠子のレフト前ヒット等でノーアウト一二塁のチャンスを作り三塁側スタンドからは 浦安 応援団最後の大声援。しかし惜しくも最後はダブルプレーに切ってとられゲームセット、締まった好ゲームとなった準決勝第一試合は習志野浦安 を下し決勝に進出した。

試合後、三位となった 浦安高校 の表彰が行われた。

(写真・文=国吉辰一)


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.19

【島根】石見智翠館、三刀屋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【春季神奈川大会】東海大相模の198センチ左腕・藤田 琉生が公式戦初完封!

2024.04.19

【山口】下関国際、高川学園、宇部鴻城がコールド発進<春季大会>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード