試合レポート

真岡vs文星芸大付

2010.04.28

2010年04月29日 栃木県営球場

真岡vs文星芸大付

2010年春の大会 県大会 2回戦

一覧へ戻る

真岡が昨秋覇者の文星芸大付を破り6年ぶりのベスト8

13連敗――。
近年の栃木県勢の関東大会での成績だ。
2006年秋に佐野日大が準優勝して以来、春秋ともにすべての出場校が初戦敗退。惨憺たる状況だ。
「栃木はレベルが低い」
そういう声は関係者の耳に届いていないわけはないはず。
だが、この試合を見る限り、低迷打破は遠いといわざるをえない。
理由はただひとつ。
リーダーとなるべき上位校が走らないからだ。

文星芸大付は昨秋の優勝校。08年の秋も制し、2年連続秋の県チャンピオンになっている。
06、07年は夏の甲子園にも2年連続出場。旧校名の宇都宮学園時代から栃木では屈指の強豪校だ。
ところが、このチームが走らない。
この試合、一塁までの駆け抜けで5秒以上を記録したのが3人もいた。

4番・芹澤 5秒71(ショートゴロトンネルの打球)
5番・神永 6秒23(投手ゴロ)
7番・中山 5秒03(捕手前送りバント)
この他の選手も走らない。
1番・見目 4秒82(ショートゴロ)
3番・福田 4秒77(サードゴロ)
6番・小森 4秒79(セカンドゴロ)
8番・大出 4秒78(ファーストゴロ)
9番・田中 4秒89(ショートゴロ)

2番の鈴木薫が3秒99(セカンドゴロ)、4秒08(セカンドゴロ)、4秒10(セカンド内野安打)と全力疾走を見せた以外、全てのスタメン出場した選手が4秒75以上を記録した。一塁まで6秒台など、走っているとはいえない。ここまで走らないチームは見たことがないといっても過言ではない。

この試合で大きく響いたのは捕手・福田の悪送球だった。
7回1死三塁から相手のスクイズのサイン不徹底を突いて三塁走者を挟殺プレーに持ち込んだまではよかったが、サードへ悪送球。「アウトにできそうで力んだ」と本人はふりかえったが、そうなる原因を自ら作っていた。福田は初回、ショート内野安打の際は一塁へ全力疾走に加えてヘッドスライディングで4秒39のタイムを記録している。それが、明らかな凡打だと走らない。常に全力でプレーしていないから、ここというときにミスが出るのだ。
このプレーのあと、サードの見目も一塁へ悪送球。ミスの連鎖が同点に追いつかれる要因となった。
ちなみに、福田は8回にも同様にバントの構えで飛び出した三塁走者を挟みながら殺せずに生かしている。
「アウトにできるところでアウトにできなかった」と悔やんだが、後の祭りだった。

試合後、星野監督は「今日は守備ですよ。あれじゃあ投手がかわいそう」とくりかえしたが、敗因は決してそれだけではない。むしろ、それ以前の問題だといえる。
星野監督に「全然走りませんね」とふると「走らないとダメですね。注意しないとダメですね」という答えが返ってきたが、本気で言っているようには聞こえなかった。

県内を引っ張っていくべき存在がこれでは、レベルが上がらないのもしかたがない。
今のままでは、県外で好成績を望むのは不可能。
文星芸大付に限らず、栃木の上位校は走らない。
もっと上を目指し、自覚を持ってプレーしてほしい。

(文=田尻 賢誉)

[:addclips]


[:report_ad]


この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.21

【滋賀】綾羽、滋賀短大附、虎姫が3回戦へ<春季県大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード