試合レポート

滝川第二vs姫路南

2010.04.28

2010年04月29日 姫路球場

滝川第二vs姫路南

2010年春の大会 県大会 準々決勝

一覧へ戻る

藤原健次主将(滝川第二)

延長13回の激闘、最後はホームランで・・・

 延長13回表、滝川第二6番・藤本佑真(3年)はバットを振り抜いた瞬間、高々と拳を突き上げた。低めのスライダーにバットの感触は完ぺき。打球は風にも乗ってレフト場外まで飛び込んでいった。勝利を決定づける一発。その喜びはひとしおだろう。

姫路南 の左腕・堤邦光(3年)に苦しんできた打線。2回と4回の得点はいずれも4番の藤原健次主将(3年)の一発によるものだった。後半は左打者が変化球にまったく対応できないなど、流れは姫路南。延長になって失点がサヨナラ負けに繋がる展開に。それでも2番手で登板していた武田将大(3年)を、堅い守備が盛りたてていた。

そして13回にめぐってきた藤本の打席。試合開始当初から吹くライトからレフトへの強烈な風を見て「狙ってみよう」と打席に向かったという。左打者が苦しんできたスライダーを右打者の藤本は見事にすくい上げた。高校通算5本塁打目がうれしい決勝弾になった。

「3塁コーチの大下(純輝=3年)が良い声かけをしてくれたし、みんなのおかげです」と話した藤本。藤原主将も「去年は個々の能力が高かったけど、今年は飛び抜けた選手がいない。その分、チームワークが良いです」と強調する。
 神戸国際大附との準決勝でも持ち前のノリの良さと抜群のチームワークで立ち向かう。

(文=松倉雄太)

[:addclips]


[:report_ad]


この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.16

社会人野球に復帰した元巨人ドライチ・桜井俊貴「もう一度東京ドームのマウンドに立ちたい」

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>