試合レポート

秩父vs桶川

2010.04.17

2010年04月18日 上尾市民球場

秩父vs桶川

2010年 春季埼玉県北部地区予選 代表決定戦

一覧へ戻る

秩父が昨秋ベスト8の桶川を破る

わかっているだろう。
これがもっとも怖い。
ボールカウント、アウトカウント、ランナーの位置……。
誰もがわかっていると思っているから、おろそかになる。
この試合の勝負を決めたのも、その「だろう」だった。

9回表、1点を返した 桶川 はなおも1死一、二塁。
打席にはここまで3打数2安打1四球ともっとも当たっている3番の岡本。
ここで 秩父 は先発の福田をあきらめ、引間をマウンドへ。
両チームとも岡本の打席にすべてをかけた。

ところが、結末は意外なかたちでやってくる。
ワンボールからの2球目を叩いた岡本の打球はショートへのゴロ。
ショートの強矢順が二塁に送ってセカンドはフォースアウト。通常なら、ここで一塁送球となるのだが、二塁にもう一人走者がいた。

二塁走者の皆川だ。
一、二塁のため、2人のランナーは打った瞬間にスタートを切るはずだが、皆川は走っていなかった。
セカンドの大場はベース上にいた大場にタッチ。走ってきた一塁走者の原田にもタッチした。原田はすでにフォースプレイでアウトになっている。優先権は前の走者である皆川にあるのだが、皆川はフォースプレイによる審判のアウトのコールを自らに向けられたものと勘違いしたのかベンチに戻ってしまった。二塁上には、すでにアウトになっている原田が残った。

この場合、皆川は三塁に走るのをやめて引き返してきた扱いになる。
そのまま二塁に残っていれば生きていたのだが、ベンチに帰ってしまったために「権利を放棄した」(責任審判の一塁塁審・倉上)と見なされた。桶川はキャプテンの下村を抗議に送るが認められず、併殺が成立。なんとも後味の悪い結末になった。

もとはといえば、皆川のボーンヘッドから始まったこと。
普通に三塁に走っていれば、打者が左打ちの岡本、セカンドがこの日3人目の二塁手として起用された背番号16の大場だったことを考えれば、打者走者はセーフになっていた可能性もあった。
いずれにせよ、抗議、審判の協議などもなく試合終了を迎えることができていた。

アウトカウント、走者の位置の確認。そして、同じ塁に2人の走者が重なった場合は前の走者に優先権があるというルールの確認。基本中の基本だが、「わかっているだろう」という思いから怠りがちな部分だ。

「1球に集中しろ」
よくいわれる言葉だが、これは1つのボールの動きにだけ集中するのではない。
現状を把握し、次に何をすればいいのかをあらかじめ頭の中で準備しておくことも含まれる。
抗議、協議をしている際の審判の対応、態度は決してほめられたものではなかったが、結果的にそれを招いてしまったのは自分自身。もしかしたら、塁上で何かを言われたせいでベンチに戻ってしまったのかもしれないが、審判のせいにしても始まらない。

「わかっているだろう」は禁物。
確認はしすぎてもやりすぎということはない。

まだ春の大会。
この悔しさをバネに、最後の夏は気持ちよく終われるように確認の徹底をしてもらいたい。

(文=田尻 賢誉)

[:addclips]


[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.22

【春季愛知県大会】日本福祉大附が4点差をはね返して中部大一に逆転勝ち、ベスト8に進出

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード