試合レポート

西武台千葉vs柏陵

2010.04.09

2010年04月10日 野田総合運動公園野球場

西武台千葉vs柏陵

2010年春季千葉県大会 ブロック予選 1回戦

一覧へ戻る

鈴木洋平(西武台千葉)

西武台千葉、前評判通りの実力を見せ、柏陵を一蹴

3月後半から全国各地で春季大会が行われ、九州、四国ではほぼ地方大会に出場するチームが続々と決まっている。そんな中、千葉県は9日からブロック予選が開幕した。春季大会は夏のシード権をかけて争われるが、強豪校との潰し合いでどうしてもノーシードで夏を迎えるチームもある。
第4ブロックでいきなり好カードが組まれた。昨年ベスト8の西武台千葉と好投手・一條を擁する 柏陵 の対決。お互い県大会の上位(西武台千葉は県大会初戦敗退、 柏陵 は二次予選敗退)に食い込むことができなかったが、一冬の練習によってどこまで伸びているか楽しみであった。西武台千葉が先攻で試合がはじまった。

 柏陵 の先発は一条ではなく、栗尾。栗尾は右上手から130キロ半ばの速球を投げる本格派だ。威力ある直球に、スライダー、カーブを織り交ぜて、1回の表を三者凡退に切り抜ける。
 対する西武台千葉の先発鈴木はストレートこそそれほど速くないものの、コントロールよく投げて打たせて取る投球が持ち味の投手。鈴木も初回を三者凡退に切り抜ける立ち上がりを見せた。

 2回の表、西武台千葉はワンアウトから5番長谷川がエラーで出塁。そのあと、エラー、死球で二死満塁のチャンスを作る。9番染谷がショートのフィルダースチョイスで西武台千葉が1点を先制。そして押し出しでもう1点を追加し、2-0とする。
 4回の表、 柏陵 は栗尾に代えて、背番号1の奥崎を投入。奥崎は栗尾ほど速くないものの、コントロールを武器に打ち取る投手だ。4回を0点に抑えて、攻撃のリズムを作るが、4回の裏、 柏陵 はあっさりと三者凡退に終わる。

 5回の表、2番松本が右中間へ抜ける二塁打で出塁。3番皆川はセンターフライに倒れ、ワンアウト。4番鈴木がレフト前ヒットで、ワンアウト1,3塁のチャンスを作る。だが、5番長谷川がセカンドゴロで三塁走者がフォースアウトになり、ツーアウト。 柏陵 は次の打者を打ち取って、攻撃を迎えたいところだったが、6番小沢の死球で二死満塁となり、7番鈴木洋がレフト前の2点タイムリーで4対0とする。そして8番小野はライトにフライを打ち上げるが、ライトが目測を誤り、長打。これで6対0.1,3塁となったところで、一塁ランナーが盗塁を敢行。三塁ランナーは捕手がセカンドへ送球する隙をついて、ホームへ。セーフとなり、7対0になった。
 7回の表、ワンアウトから9番染谷がショートの内野安打で出塁。染谷は盗塁、パスボールで三塁まで進む。1番能瀬が死球で、ワンアウト1,3塁となって、2番松本がスクイズを仕掛ける。これが成功し、さらに追加点。これで8-0とする。
 そして7回の裏、先発の鈴木洋が三者凡退に打ち取り、ゲームセット。西武台千葉が7回コールド勝ちを収めた。

思わぬ結果となってしまったが、 柏陵 は守備の乱れから得点を献上する場面が多かった。この試合で4失策をしており、いずれも得点につながるミスであった。打撃云々よりも守備が乱れたことで、打撃のリズムが崩れてしまったのではないだろうか。

西武台千葉は相手のミスで得点を取った場面もあったが、大ぶりにならず、小刻みな攻めはできていたのは見事。守備も安定しており、この日は無失策。攻守ともに満足いく結果だといえるだろう。
 西武台千葉は12日(野田市営野球場)二松学舎沼南と対戦する。

(文=高校野球情報.com編集部)


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.22

【春季愛知県大会】日本福祉大附が4点差をはね返して中部大一に逆転勝ち、ベスト8に進出

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【九州】神村学園、明豊のセンバツ組が勝利、佐賀北は春日に競り勝つ<春季地区大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!