試合レポート

日大三vs国士舘

2010.04.08

2010年04月08日 神宮第二球場

日大三vs国士舘

2010年春の大会 春季大会 都大会 3回戦

一覧へ戻る

荻原辰朗(日大三)

国士舘、センバツ準優勝日大三を追いつめたが・・

 つい5日前、甲子園のセンバツで準優勝を果たした 日大三 の帰京後の初試合となった。 

国士舘 が相手だけにどういう試合になるのか興味深かったが、思わぬ展開の試合となった。結果としては日大三が8割方負け試合になっていた試合を、相手のミスに乗じてひっくり返すというもので、何とかセンバツ準優勝校の面目を保った。

試合後、小倉全由監督は苦笑しながら、「負け試合でしたが、勝たせてもらいました。甲子園という舞台であれだけの試合ができたのがこんなに打てなくて、いつもやっているここでこういう試合ですから…。 気持ちが抜けたということはないとは思うのですけれども、どこかにちょっとそんなところもあったのかもしれません。とにかく、シードが取れてホッとしています」と語った。

日大三の吉永君、 国士舘 の川内翔君と両先発が安打の走者を出しつつも1、2回とともに何とか粘って堪えた。そして迎えた3回裏、 国士舘 は俊足の高橋君が安打で出ると、足を警戒しすぎた投手が牽制悪送球で二塁進塁を許す。二番松本君の打球は一塁手の股間を抜けて二走の高橋君が帰って先制。4回にも 国士舘 は、宮崎君が右前打するとバントで進め、九番川内翔君がしぶとく三遊間を破って二走を迎え入れた。5回には無死で三塁打した松本君を帰せず、7回は1死三塁で高橋君が本盗を試みて失敗したものの、流れは 国士舘 だった。50m5秒8という高橋君である。この本盗は、機会があれば行きたいと狙っていたものだった。機動力野球を前面に打ち出す国士舘の真骨頂といってもいいだろう。

 しかし、川内君がいくらか勝ちを意識し始めたのか、ここまでしっかりと投げ分けていた制球が乱れ、8回は連続四球を与え、マウンドには急遽遊撃手の鈴木龍君が登った。内野ゴロで1点は献上したものの、鈴木龍君は何とか凌いだ。そして迎えた9回。 日大三は先頭の八番佐野君がきわどい内野安打で出塁。九番鈴木貴君のバントを処理した投手が二塁送球を試みたがこれが大高投となった。さらには、やや遅れてバックアップした中堅手も焦って後逸。三塁側の 国士舘 応援席は「あ~~~っ」という大きな叫び声で包まれた。打者走者もダイヤモンドを一周して、これで日大三は逆転した。

 7回途中からリリーフしていた山崎君がその裏、先頭打者を出しながらも何とか凌いで日大三は、まさに小倉監督の言葉にもあるように、完全に負け試合の展開を辛うじてものにした。

  国士舘 としては、7回まではイメージ以上の試合だったかもしれない。しかし、どこかであと1点追加したかったというのが本音だったであろう。箕野豪監督は開口一番、「情けないですよ」と言いながらも、「夏だったら悔いが残る試合でしたが、今の時期ですから、これで課題が見えたと捉えたいと思います」と先を見据えた。試合展開についても、「試合の流れとしては悪くなかったのですが、あと1点取れませんでした。それで守りきれないで大事なところでミスが出てしまう。そこがウチと日大三さんとの違いだったと思います」と振り返った。しかし、7回に試みた本盗など、「何かやってくるぞ」というイメージは強烈に印象づけたことは確かだった。

(文=手束 仁)
(写真=高校野球情報.com編集部)

[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【春季愛知県大会】日本福祉大附が4点差をはね返して中部大一に逆転勝ち、ベスト8に進出

2024.04.22

【奈良】天理は快勝で初戦突破、智辯学園は継続試合に<春季大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.17

青森大にソフトバンク2選手の弟、青森山田の4番打者、横浜創学館大型外野手らが加入!

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!