Interview

ヴァイサラ株式会社 藤澤大亮 さん

2010.04.02

第03回 ヴァイサラ株式会社 藤澤大亮さん 2010年04月03日


ヴァイサラ株式会社 藤澤大亮 さん | 高校野球ドットコム

第3回のOB訪問は、現在フィンランドの企業でリージョナルマーケティングマネージャーとして活躍している藤澤大亮さんにお話を伺いました。
藤澤さんは、野球部卒業後、大学、大学院と進み、ドイツでの留学、就職を経て現在はフィンランドの企業ヴァイサラで活躍しています。


藤澤大亮さんインタビュー

ヴァイサラ株式会社 藤澤大亮 さん | 高校野球ドットコム

スタッフ(以下「ス」):現役時に高校野球を続けて良かったことはありますか? 

藤澤大亮さん(以下「藤」):今考えると、あんなに運動できる時期は野球を止めてから無いのでとても良い経験でした。練習では、周りの目があるとサボれないし。(笑)

体力的な面以外では、高校生活が楽しくなる問いう点も大きいです。部活動での仲間と、おしゃべりしてる時間は楽しかったですね。 帰宅部の人と違って練習で時間を共有して、さらに共通の目標があるので、会話はいつも楽しかったです。 あっ帰宅部が悪いとかでないです。 野球と言う共通のプラットフォームがある仲間がいたので会話に困らなかったと言う意味です。 

「ス」:勉強などへの不安はありませんでしたか?

 

「藤」:不安はありませんでした。部活自体は、そんなに勉強にマイナスになるとは思いません。恐らく部活をしていなければ、部活動の時間ブラブラと繁華街で遊んで終わりでしょうね。 

それに3年間勉強している人に比べれば、引退後、受験まで半年だけ死ぬ気で勉強すればよいだけですので、随分ましだなぁと思いました。 半年だけでいいんですから。 


部活を引退後

ヴァイサラ株式会社 藤澤大亮 さん | 高校野球ドットコム

「ス」:部活が引退後終、喪失感みたいなものはありましたか?

「藤」:ありませんでした。目標がなくなるとそのような気持ちになると思いますが。目標を常にもっていました。 部活では何らかの目標がいつもありましたし、勉強では外交官もしくは医者になるのが目標でした。でも、実際目標は常に変わっていきましたけど(笑)

ただ、目標があれば行動が出来るし、迷いがなくなります。

私の場合、高校2年時に、文系理系を選ばないといけないんですね。父に相談したところ、医者は理系でないとなれない、ただ外交官は理系でも文系でもなれると聞いたので、目標の為に理系にしました。 これもそうですが、目標があるから行動できるのだと思います。

実際は医者になりたかったのですが、受験が上手くいかずに、工学部の航空宇宙工学科にすすみました。大学にいくと夢を忘れてしまうんですね。(笑)時間もあり誘惑がふえますし。因みに、1年生のときはNASAに行きたかったです。だって世界一ですから(笑)

まぁ、こんな風に目標は常に変わっていきましたね。 そんなもんじゃないですかねぇ。ただ本当に目標や夢がなくなると。 喪失感がでて、何をしていいかわからなくなるんでしょうね。 だから夢や目標は変わっても良いけど持ち続けることは大事だと思います。

大きな目標から小さな目標に落とし込んでそれを達成できるように頑張る。頑張っているうちに色んな情報や出会いがあり、目標も変わっていくと思います。 でもそれで良いんだと思います。

高校球児へのメッセージ。

「ス」:最後に高校球児に伝えたいメッセージはありますか?

「藤」:まぁ勉強はいつでも出来るので気にしなくていいのではないでしょうか?それよりは今しか出来ない部活動をして、引退してから勉強すればいいと思います。そのときに自分が本当にやってみたいことを見つけて、それに集中してやってみることが大事だと思います。

「ス」:今日はありがとうございました。

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【春季愛知県大会】日本福祉大附が4点差をはね返して中部大一に逆転勝ち、ベスト8に進出

2024.04.22

【九州】神村学園、明豊のセンバツ組が勝利、佐賀北は春日に競り勝つ<春季地区大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.17

青森大にソフトバンク2選手の弟、青森山田の4番打者、横浜創学館大型外野手らが加入!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!