試合レポート

自由ケ丘(九州)vs東海大相模(関東)

2010.03.26

2010年03月27日 甲子園球場

自由ケ丘(九州)vs東海大相模(関東)

2010年選抜大会 第82回選抜高校野球大会 1回戦

一覧へ戻る

試合中の一つのプレー・瞬間のジャッジで大きく結果が変わってくるのが野球である。
今大会、松倉雄太が試合を決定づける「勝負の瞬間」を検証する。

狂った歯車 予期せぬ間

試合後のインタビュースペース。東海大相模 ・門馬敬治監督のやや茫然とした表情が印象的だった。
エース・一二三慎太(3年)の不調以上に、何かがおかしかったこの日の東海大相模 。あの8回に浴びた走者一掃の三塁打、そしてその直前におきた両チームにとって『予期せぬ間』がそれを象徴していた。

『予期せぬ間』とは?
 8回裏、満塁のピンチを背負った一二三の元に、門馬監督は背番号『13』の宮崎大将(3年)を伝令に送る。それと同時に自由ケ丘の末次秀樹監督も三塁走者の板谷天博(3年)に伝令を送った。走ったのは背番号『14』
の久保田大輝(3年)。久保田は球審に確認をとってから走者の元へ走った。板谷に伝えたのは「パスボールもあるからボールを良くみておけ」という何気ない一言。

 両チームが取った間合いが解けて、一二三が打者・外野貴雅(3年)へ初球を投げた後、球審がもう一度タイムを取った。自由ケ丘ベンチに何やら確認に走る。
ここで生まれた『間』が両チームにとって予期せぬものだった。
あらためて一二三が投じた2球目を外野が弾き返す。終盤に決定的ともいえる3点が入った。
この場面、伝令に走った久保田は「球審の方に伝令に行きますと伝えたのですが、代走と勘違いされたみたいです」と話す。しかし代走ではなく伝令。あのタイムはその確認だった。

 試合進行の手順としてはまったく間違ってないし確認は当然の作業だ。が、一二三の元に伝令に走った宮崎は「イヤな予感がしました」と試合後に話している。東海大相模 にとっては不運だったとしか言いようがない。

この8回裏の攻防はあくまでも結果論。ではどこで、東海大相模 の歯車が狂ったのか。ひも解くと初回の攻撃にたどり着く。
 実はこの試合、ポイントは一二三のピッチング云々ではなく、自由ケ丘の左腕・小野剛貴(3年)を左打者が多い東海大相模の打線がいかに攻略するかだった。門馬監督も試合前にそのことを話している。東海大相模 にとしては、小野のような左の技巧派タイプの投手に神経質になりすぎていた感さえあった。

 それがわずか打者3人で先制できてしまった。苦労すると思われた投手からあまりにも早い得点。「いける」そんな気持ちが過信を招く。2回以降はちぐはぐな攻撃を繰り返し、小野をすっかり立ち直らせてしまった。

 一二三としても、1対0の展開が余計にストレスを与えた。5回には意表を突かれた代打に同点打を浴びる。
チーム全体に生まれたわずかな『スキ』が球運に見放されるきっかけとなった東海大相模 。一つの小さな出来事が、最終的に試合全体の部分につながる。初回の先制は何も良いことだけではない、そんなことを教えられたゲームだった。

(文=松倉雄太

【関連ニュース】
■ 1回戦 大垣日大(東海)vs川島(21世紀枠)
■ 1回戦 大阪桐蔭(近畿)vs東海大望洋(関東)

【選抜大会特集】
■ 自由ケ丘(データ)
■ 東海大相模(データ)


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.13

【春季埼玉県大会】久喜北陽が昨秋に続き接戦の末、獨協埼玉を下して初戦突破!

2024.04.13

山川vs.甲斐野の”因縁の対決”が実現! プライドを懸けた戦いは、甲斐野が見逃し三振を奪う!

2024.04.13

【埼玉】春日部共栄、川越西、川口などが県大会へ<春季県大会地区予選>

2024.04.13

【近畿学生】奈良学園大が開幕3連勝!期待の変則右腕が勝利に導く

2024.04.13

立命館大の新入生に愛工大名電エース、大阪桐蔭外野手、昨夏甲子園・立命館宇治主力らがそろう!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?