試合レポート

智弁和歌山(近畿)vs高岡商(北信越)

2010.03.23

2010年03月23日  阪神甲子園球場

智弁和歌山(近畿)vs高岡商(北信越)

2010年 春の大会 第82回選抜高校野球大会 1回戦

一覧へ戻る

強力打線を抑えるためには…。

 智弁和歌山高岡商業の好投手・鍋田を打ち崩し、2回戦進出を決めた。

 実は、ひそかにこの対戦に注目していた。

 というのも、高岡商業の視点から見れば、今大会の優勝候補のひとつである智弁和歌山に対し、エースの鍋田がどんなピッチングを見せるか興味があり、逆に智弁和歌山サイドから見れば、好投手・鍋田を1回戦から打ち崩すとなればこの先の展望が明るく見えてくる。

この試合に、通算最多勝がかかっていた高嶋仁監督は、組み合わせが決まった時から、次のように話していたものだ。
高岡商業の好投手はコーナーぎりぎりに変化球を投げる。小気味いいんよ。大会の1回戦、特にセンバツは、今年に入って初めての公式戦やから、どうなるか分からんのよ。この試合の入り方次第で、2つ3つ勝つためのものが見えてくる」

 結果から先に言えば、3回表に智弁和歌山が失策絡みで1点を先制。5回表には、3番・西川遙輝の適時三塁打などで5得点を奪い、試合を決めた。

智弁和歌山が好投手の鍋田を打ち崩したわけだが、その対決は実に魅了されるものであった。
高岡商業・鍋田は上背がさほどないが、ストレートとカーブ、スライダーをコントロールよく投げる。彼を特に評価したいのは、内と外の出し入れの巧さだ。結果的にはファーボールになったが、1回表の先頭・城山に対し、初球はアウトコースギリギリのボールだが、次はストライク。というように、打者心理を揺さぶってくるのだ。
こうしたピッチングは、07年夏、旋風を見せた新潟明訓のエース・永井剛、06年夏の優勝投手・斎藤佑樹に通じるものがあった。

ピッチャーの投球術を表現する言葉として、こんな言葉がある。
「上を目指す投手は原点球であるアウトローを追求し、並の投手は内に速く、外に緩く」
好投手というのはアウトローのボールの質が高く、さらにはそれの出し入れが巧みなものなのだ。永井も、斎藤も、そして、高岡商業の鍋田も、そういう選手だった。

ただ、今日の試合に関して言えば、鍋田に一つ足らなかったのは「内に速く、外に緩く」の投球術。
たとえば、斎藤は06年夏の優勝時、自分と対等の打者に関してはアウトローの出し入れで勝負していたが、中田翔(大阪桐蔭→日本ハム)ら大打者と対峙した時には配球を変えていた。「内に速く、外に緩く」を実践したいた。
鍋田の投球は外角に偏っていた。アウトローの出し入れで抑えられたのは1巡目くらいまでで、2まわり目になると、智弁和歌山打線につかまり始めたのだ。そして、大量5点を失った。

鍋田は言う。
「配球は9回をみて決めていて、最初は外中心で行こうと決めていました。打たれ始めてから配球を変えていこうと。でも、5点を獲られてからしか配球を変えられなかった。もっと早めに切り替えなければいけなかった。5回は悔いに残ります」。
このコメントを聞いただけでも、鍋田がいかに好投手であるかが分かると思う。それだけの幅を彼は持っていた。アウトローが持ち味と意識しながらも、配球はそれだけではいけないと頭で理解していた。事実、配球を変えた6回以降は内を有効に使い、以降の智弁和歌山打線を0点に抑えている。

「自分のピッチングはできましたが、技術、精神面の弱さがでました。ああいうチームを倒すにはまだまだ甘かった。夏まで3、4カ月あるので、鍛えなおして、甲子園に帰ってきたい」。
そう、再起を誓った鍋田。
永井や斎藤のようなピッチャーになるために、彼は智弁和歌山との対戦で大きなものをつかんだはずだ。

 

(文=氏原英明)

【関連ニュース】
■ 1回戦 中京大中京(東海)vs盛岡大附(東北)
■ 1回戦 神港学園(近畿)vs高知(四国)

【選抜大会特集】
■ 智弁和歌山(データ)
■ 高岡商業(データ)


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】

2024.04.24

【佐賀】敬徳と有田工がNHK杯出場を決める<春季地区大会>

2024.04.24

【春季四国大会逸材紹介・香川編】高松商に「シン・浅野翔吾」が!尽誠学園は技巧派2年生右腕がチームの命運握る

2024.04.24

【福島】田村、日大東北、只見、福島が初戦を突破<春季県大会支部予選>

2024.04.24

東京国際大の新入生は、リーグ戦デビューの二松学舎大附の右腕、甲子園4強・神村学園捕手、仙台育英スラッガーら俊英ぞろい!

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!