Column

オフの期間をどのように過ごすか。

2010.01.06

一期一会 手束仁

第2回 オフの期間をどのように過ごすのか。2010年01月07日

練習風景(中京大中京)

 高校野球では、12月から翌年の3月の第二土曜日を迎えるまでは、日本高野連の通達で対外試合は禁止されている。つまり、試合のできないオフの期間ということになる。

 もちろん、オフといってもほとんどの学校では、年末年始を除いて(学校によっては元旦に集合して全員でランニングをして初詣を行うなどの儀式を組み入れているところもあるようだが)練習は行われている。

 この時期の練習は、体力強化やそれぞれの課題を修正していくというところが多い。

 この夏、43年ぶり7度目の全国優勝を果たした中京大中京では、この間に選手たちの体力がぐっと伸びていく。とくに、大藤敏行監督が、「食う、振る、走る」を提唱した体力作りは定評がある。体力強化トレーニングを担当している今村陽一コーチが、これでもかというくらいのランニングと体力強化メニューを作成している。この年末に、今春刊行予定の単行本の取材で学校にお伺いしたのだが、その時も選手たちは15Kgの砂袋を抱えて、外周走と呼んでいるが、内野の外回り(一週約115m)を走るトレーニングを何度も行っていた。

 これも、ただ単に走るだけではなく、より速くという意識で4~5人一組で、常に競わせる意味もあって1回ごとにタイムを計っては、よりタイムの近いもの同士のチームに組み替えていく。速い選手で、27~8秒台。全員が30秒を切ることを目標としているが、少しでも遅れると、「おーい、もうダメなのかぁ~」今村コーチの厳しい声がかかる。これに奮起して、また走るのだが、こうした地味な反復があの中京大中京の強靭な下半身とパワーを生み出している背景となっている。

 この日、私は大藤監督にお願いして、「栄光室」に保存されている深紅の大優勝旗や歴代の優勝レプリカや代表旗、優勝盾なども拝見させていただいた。幾多の栄光を背負ってきた伝統校だが、そんな重さを感じさせる部屋が設けてあるのはさすがである。ただし、応援用のメガホンなどもその部屋に置かれており、これには大藤監督も苦笑していた。

練習風景(横浜隼人)

 また、この夏、全国一の激戦区ともいわれている神奈川大会を初めて制して甲子園初出場を飾った横浜隼人では、守りの形を中心とした徹底した反復練習が行われていた。

 この夏のチームは、水谷哲也監督も、「とにかく、攻めて攻めての攻め隼人で戦っていかないと勝てないと思っていました」というように、果敢にエンドランを仕掛けていく攻撃スタイルだった。もちろん、チーム作りとしては、今度の新チームもそんな攻撃野球を目指しているのだという。

 しかし、今の時期は地味な守備練習と体力作りがメインになっている。

 一冬越して、暖かくなってきたらまた打ち込みも増やしていくのだろうが、この時期はむしろ、徹底した守備の形を体が覚えこむまで繰り返していくということである。これは、強いゴロを打ってのノックではなく、佐野辰徳コーチが丁寧にゆるいボールを転がして、それを確実にグラブでさばいて送球動作までというものだった。このことを何度も繰り返していた。確実なグラブさばきを身につけるという意味では、こうしたゆるいゴロで、しっかりとした捕球の形を覚えていくことが大事なのであろう。

 正面から、次第に左右に振ってギリギリのところまで転がして、いっぱいのところで捕球するという反復は、決して楽ではないし華やかなものではない。しかし、地味な練習ではあるが、こうした地味な練習を積み重ねていくことこそが、来るべき春を迎えるに当たっては一番必要なことではないかと思う。

このページのトップへ


この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【青森】春季の4ブロック大会の組み合わせが決まる

2024.04.12

【茨城】明秀日立、霞ヶ浦などが県大会進出<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?