試合レポート

国士舘vs帝京

2008.10.24

2008年10月25日 神宮第二球場

国士舘vs帝京

2008年秋の大会 秋季東京都高等学校野球大会本大会 準決勝

一覧へ戻る

荷川取君(国士舘

国士舘 執念の逆転勝ちで決勝進出!

いよいよ秋季東京大会も準決勝に入った。25日(土)、神宮第二球場で行われた準決勝第一試合は帝京vs国士舘。強豪校同士の白熱した試合は序盤帝京ペース、終盤は国士舘ペースで進んだ。

両校の先発は、帝京が身長190㎝の大型右腕・荻谷君。対する国士舘は技巧派の荷川取君。まずは初回、帝京が攻撃を仕掛ける。 2アウトながらランナーを1塁に置くと、ここで4番原口君はレフト線ぎりぎりにタイムリー3ベースを放つ。 帝京がまずは1点を先制。

先制された国士舘であったが、その裏すぐに点を取り返す。この回先頭の1番高橋君がヒットで出塁すると、盗塁とバントを絡めて1アウト3塁とする。 3番打者は倒れたものの、4番原島君が持ち前の打撃力でセンターへはじき返し、同点とする。

追いつかれた帝京だが、ここから実力を発揮し始める。 3回表、2アウトから2番星君が左中間へ2ベースヒット。ここで打席には前の打席でタイムリーを放っている4番原口君。 2ストライクと追い込まれたが、甘く入った球を見逃さずフルスイング。打球はぐんぐん伸び、レフトスタンドへ突き刺さった。 帝京が4番の一振りで3-1と勝ち越しに成功する。

荻谷君(帝京

4回表にも犠牲フライで1点を追加された国士舘だが、4回裏には相手の隙をつく。 4番原島君が塁に出ると、2アウトとなって6番鈴木君がライトへヒット。サードへの送球が逸れ、ボールが転がる間にランナーの原島君がホームイン。 国士舘が1点を返し4-2とする。さらに次の回、国士舘の打線が勢いを増し始める。先頭の8番今泉君がライト前ヒットを放つと、バントと進塁打で2アウト3塁のチャンスを作る。ここで2番植草君がセカンドへ絶妙な内安打を放ち、1点を返す。さらに続く3番福田君はレフトへタイムリーヒットを放ち、遂に国士舘が追いついた。

緊張感のある好ゲームは4-4のまま、7回に入る。 帝京は7回表、先頭の2番園田君がセンターへはじき返し、塁に出る。バントで得点圏にランナーを進めると、4番原口君がセンターにヒットを放ち、1アウト1,3塁。続く5番佐藤君は死球で満塁とする。勝ち越しのチャンスで打席に立った6番岡部君の内野ゴロの間にランナーが1人還り、帝京が貴重な1点を加える。

しかし、ここから粘って試合の主導権をものにしたのが国士舘。 7回裏には6回からマウンドに上がった帝京・川上君を攻める。 1アウト1塁で2番植草君が今日2本目の内安打を放ちチャンスを作る。 3番福田君もヒットで続き、1アウト満塁で4番を迎える絶好の形を演出した。その4番の原島君は死球で押し出し。 帝京は点をすぐに取り返されて、同点としてしまう嫌な展開。続く5番北川君の打った打球はセンター前に落ち、逆転のランナーをホームに返す。これで6-5。国士舘はこの試合始めて帝京からリードを奪う。

序盤以降なかなか繋がらない帝京打線は8回表にチャンスを作る。 2アウト1,2塁と得点圏にランナーを進めると、3番星君がレフト前へはじき返し、満塁とする。このビッグチャンスで打席には今日3安打、1HRの4番原口君。しかし、国士舘の変わったばかりの投手・鈴木君にセカンドゴロに抑え込まれ、チャンスを逃してしまう。

リードする国士舘は8回裏にも貴重な1点を加え7-5で最終回を迎える。最終回、国士舘は1アウトから帝京6番岡部君の2ベースヒットでピンチを招くものの、後続を断ち、そのままゲームセット。手に汗握る好ゲームは7-5で国士舘が競り勝った。 国士舘は投手以外、先発全員安打と切れ目のない打線をみせつけ、最後は荷川取君―吉井君―鈴木君の継投で強豪・帝京を下した。いよいよ国士舘が明日、決勝の舞台に上がる。


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.11

【茨城】水戸商、茨城キリストなどが県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.06

【春季愛媛大会】松山商が攻守につなぐ野球で66年ぶり秋春連覇! 第1シードの夏23年ぶり制覇へ「時は来た!」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?