Interview

日本プロ野球トレーナー協会OB会副会長 佐藤圭司さん、城島健司選手 元専属トレーナー 藤田一郎さん

2008.08.28

第4回 トレーナー 佐藤圭司さん 藤田一郎さん2007年08月14日


 今回は日本プロ野球OBトレーナー協会理事の佐藤さんと、城島健司(シアトルマリナーズ)の元専属トレーナーの藤田さんにお話を伺いました。

 伺ったお話は4つ。プロ野球選手のトレーナーとはどんな仕事で、どのようにしてトレーナーになったのか。プロ野球選手はどんなトレーニングをしているのか?そして一流選手の野球への取り組み方。最後に高校球児へメッセージを頂きました。


プロ野球選手のトレーナーとは?

藤田一郎さん

藤田一郎さん

――どうやったらプロ野球選手のトレーナーになれるのでしょうか?

藤田さん(以下「藤田」) トレーナーの養成学校の講師をやっていた時、生徒には学校にいったからといってもプロ野球のトレーナーにはなれないと言っていました。

――何故ですか?

「藤田」 プロ野球のトレーナーは1球団に7〜8名しかトレーナーがいない。とにかく枠が狭い。そしてプロ選手(プロアスリート)のトレーナーであるので有資格者を採用するのが基本。鍼灸、柔整、マッサージ等の国家資格が基本。関係者と知り合いになるか、相当な技術がないと厳しいですね。(採用の仕方は12球団バラバラなので一概ではない。)

――プロ野球選手トレーナーという職業についての簡単にご説明してください。

「藤田」 選手の毎日の健康管理。疲労回復ケア。テーピング。ドクターとの連携が主な仕事。選手と首脳陣とのパイプ役も重要な仕事であり、人間関係の構築も重要な仕事になります。

――怪我をしない体をつくるためにはどういったケアをすればよいのか?

「佐藤」 アイシング、マッサージは基本。痛めてすぐ、あるいは使いすぎた場合は冷やす。(急性)逆に慢性的なものに関しては暖めることも有効。冷やして駄目なら暖める。暖めて駄目なら冷やす。考え方はシンプルです。

――秋山(幸二)選手、城島選手と長距離ヒッターのトレーナーをされていますが、身体的な特徴は??

佐藤さん(以下「佐藤」) 秋山幸二選手は黒人のようなやわらかい筋肉。筋肉を使うときに一気に凝縮して硬くなります。疲れにくい良質な筋肉です。

「藤田」 自分は選手を見る時、ふくらはぎを見ているのですが、城島選手は良いふくらはぎを持っています。それと目が良いですね。

佐藤圭司さん

佐藤圭司さん

――どんなトレーニングをしているのでしょうか??

「藤田」 私が城島選手の専属トレーナーの時は下半身中心のトレーニング。野球とは静と動の繰り返しのスポーツなので、瞬発力を(長時間)持続できるトレーニングを中心にメニューに組んでいました。

 メジャーではトレーニングコーチがバランスのとれたトレーニングをやっているようです。メジャーリーグの日程上やはり疲れを残さない事が中心にプログラムされているのではないか、と藤田さんは見ていました。

一流選手を間近に見て感じたこと
■一流選手は四六時中野球のことを考えている。どんなことでも野球に結び付けようとしている。
■素直な選手が多い。
■怪我に強い…怪我をしても致命的な怪我はしないし、回復が早い。(素材は良くても怪我で。。。という選手を見てきた結果)
■城島選手…観察力が凄い。気づきの力がある。心構えがいい。

このページのトップへ



高校生にたいして

「佐藤」  スポーツマッサージを受けて下さい。スポーツマッサージは決して敷居は高くないです。特に投手の肩は消耗品。スポーツマッサージを受けてケアする事は重要。自分の体を見てくれる人を捜す事は怪我の防止にもつながりますし、すごい重要なことだと思います。

「藤田」  比較的、UPの際は時間を入念にとるのに練習が終わった後のケアがおろそかになりがち。疲れを次の日に残さないようにクールダウンに力を入れてください。ここの部分は練習時間ではクールダウンに時間をとれない学校もあると思うので、自分で時間を作ってやってほしいですね。

このページのトップへ


スタッフ後記

 気さくなお二人で、様々なお話が聞けました。そして、スポーツマッサージをもっと身近に感じてほしいという気持ちが伝わってきました。経歴にも書いてある様に、一流アスリートの専属トレーナー。技術と知識。たくさんの引き出しを持っている方です。スタッフ一同かなり刺激を受けたインタビューになりました。


このページのトップへ


この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.17

昨秋は仙台育英に勝利も県4強止まり「サイン以上のことをやる野球」を極め甲子園目指す【野球部訪問・東陵編①】

2024.04.17

「慶應のやり方がいいとかじゃなく、野球界の今までの常識を疑ってかかってほしい」——元慶應高監督・上田誠さん【新連載『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.1】

2024.04.17

根尾 昂、一軍昇格へ準備着々! 盤石・中日投手陣に割って入れるか?

2024.04.17

【茨城】土浦日大と明秀日立が同ブロックに!選抜出場の常総学院は勝田工と対戦!<春季県大会組み合わせ>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

【東京】ベスト8をかけ激突!関東一、帝京、早稲田実業などが登場<春季都大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード