Interview

ヤクルトスワローズ 館山昌平 選手

2008.08.27

第9回ヤクルトスワローズ 館山昌平 選手2008年01月07日


インタビュー

今回は東京ヤクルトスワローズで活躍されている館山昌平投手に自主トレの取材も兼ねてインタビューしました。

シーズン中のトレーニング方法とシーズンオフのトレーニング方法についてお聞きしました。

 


スタッフ(以下 ス) 今シーズンは中継ぎから始まり、先発、抑えと活躍されましたが、シーズン中のトレーニング方法について教えてください。

館山選手(以下 館) シーズン中のトレーニングは、オフシーズンで作った体を維持することをしています。

基本はウェートトレーニングが中心です。先発をやっている時は投げた次の日と登板日の2日前にウェートをやっています。中継ぎの時は週に1回になります。

昨シーズン(07′)は中継ぎ、
先発、抑えとフル稼働した。

 具体的にどのようなウェートトレーニングをしているのですか?

 半身のトレーニングには基本的に機械は使いません。フリーウェートで行います。理由は可動域を固定されてしまうからです。上半身は3種目、下半身は4種目あってダンベルプレス、ラットプルダウン、ダンベルロー、レッグカール、レッグプレス、スクワットダンベルスクワットといったトレーニングをやっています。

ウェートトレーニングをする上で意識していることはフォームです。フォームが良くないと、狙っている筋肉を強化することができない可能性があるので注意しています。

 次にオフシーズンのトレーニング方法について教えてください。

 まずはウェートのフォームチェックから始めます。普段使っている重さの3分の1くらいから始め、中1日おきに2〜3週間継続して行います。基本のウェートトレーニングをするまでの準備が必要で、フォームが固まってきたら血流量を多くするために、12〜13回できついと思う重さでトレーニングを行います。

入念なストレッチをする館山選手

 次の質問ですが、投手にとって必要なこととはどんなことでしょうか?

 投げることが一番重要だと思います。走ることももちろん重要なんですが、投げることで投げる体力、技術を身につけていくことが大切だと思います。

それと、バッター目線で考えることも重要です。どれだけ曲がる変化球を投げられたとしても、バッターにとって打ちやすい球なら意味がありません。

キャッチボールの時から変化球を投げる事も重要です。投手の場合、キャッチボールの時になかなか変化球を投げたりしない人が多いのですが、キャッチボールの時に投げた球で感覚のいい球がいく事もあります。その感覚を覚えているうちにブルペンに入って試すことも効果的です。遊びの中から感覚のいい球がいく事があるので、試してほしいですね。

 次の質問なのですが高校時代のお話を聞かせてください。日大藤沢高校のご出身ですが、日大藤沢高校を選ばれた理由はありますか?

 中学生の時は中学校の軟式野球部に所属していました。当時のポジションは主にセンターとキャッチャーでした。肩が強かったのでたまにピッチャーをやったりしましたけど、チーム内では3番手のピッチャーでした。球は速かったんですけどコントロールが悪くてエースじゃなかったんですよ。たまたま投げた試合に当時の日大藤沢の監督だった鈴木監督(現日大監督)が見に来てて、声を掛けてもらったのが進学を決めたきっかけですね。他の高校からも推薦の話をもらってましたが、投手として欲しいと言ってきたのが日大藤沢だけでした。もともとは、公立の厚木高校に行きたかったんですけどね(笑)


 高校時代にやっていた練習で現在でも役にたっていることや経験はどんなことですか?

 うーん。ストレッチかな(笑)。高校時代はとにかく走らなかったですね(笑)。ストレッチを多くやっていたこともあって、いまでも体がすごく柔らかいんで役にたってますね(笑)。

それと、日大藤沢の場合は他の野球強豪校と違って、推薦で入ってきた選手と一般で入ってきた選手を区別することなく全員で同じ練習をしてました。だから平等にチャンスを与えてもらえました。そこでチャンスをものにする勝負強さを身につけられたんじゃないかなと思いますね。

 最後になりますが高校球児に向けてメッセージをお願いします。

 常にフォームを意識して動くように心掛けてください。投球も走ることも。

投手の場合は100球から150球くらいを80%くらいの力でフォームよく投げることを心掛けて頑張ってください。

このページのトップへ


編集後記

今までに肩、肘の手術を3回経験されていることもあり、トレーニングに対する意識の高さが非常に高い印象を受けました。

館山投手が中学生の時に所属していた軟式野球部では当時3番手のピッチャーだったそうですが、なんと2番手のピッチャーが現在横浜ベイスターズで投手として活躍されている三橋直樹選手だったそうです。

取材とは別にスタッフが興味のあった質問を館山投手に聞いてみました。

Q1. 今まで対戦してきた打者で1番怖い打者は誰ですか?

 阿部慎之介選手(巨人)

Q2. グライシンガー、石井一久投手と投手陣の柱が移籍してしまいましたが、来年のスワローズ投手陣で期待している選手は?

 村中恭兵投手。40mくらいのキャッチボールをした時の球の伸びがすごい。

このページのトップへ


この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】

2024.04.24

東京国際大の新入生は、リーグ戦デビューの二松学舎大附の右腕、甲子園4強・神村学園捕手、仙台育英スラッガーら俊英ぞろい!

2024.04.24

【福島】田村、日大東北、只見、福島が初戦を突破<春季県大会支部予選>

2024.04.24

【佐賀】敬徳と有田工がNHK杯出場を決める<春季地区大会>

2024.04.24

【春季四国大会逸材紹介・香川編】高松商に「シン・浅野翔吾」が!尽誠学園は技巧派2年生右腕がチームの命運握る

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!