試合レポート

桐光学園vs横浜隼人

2008.07.21

2008年07月22日相模原球場 4回戦

桐光学園vs横浜隼人

2008年夏の大会第90回全国高等学校野球選手権記念大会 4回戦

一覧へ戻る

建部君、秋山君(桐光学園)

桐光学園が接戦を制し、連覇に向け4回戦突破。

今日は暦の上では、大暑!!一年で最も暑い日です!!両校、大暑に相応しいあつーぃ野球を見せてくれました。試合は、両校一点ずつ取り合い、その後は、緊迫した投手戦。(1-1)

同点で迎えた4回の横浜隼人の6番船木君に頭部にデットボール!!船木君は頭部を抑えたまま担架で運ばれる。会場は静まり、会場は重苦しい空気に包まれる。ここまで好投していた鈴木君から東條(大)君にスイッチする。緊急登板した東條君は後続の三人を討ち取り、好リリーフを見せる。5回表、治療のため退いていた船木君が元気な姿を見せ、スタンドから温かい拍手で迎えられる。そして、守備練習では大きな声で指示を送り、チームを奮い立たせた。その気持ちが選手に伝わったのか、センター與郡覇君のダイビングキャッチも飛び出し、桐光学園の攻撃を無失点で切り抜け、チームを勢いづけた。

5回裏、流れは完全に横浜隼人に傾いていた。ランナーを2塁において、4番建部君。四番の意地の一振りはライトオーバーのタイムリーツーベースヒットとなり、逆転に成功する。(1-2)

番建部君(横浜隼人

6回表、攻撃の前に桐光学園はベンチ前で逆転を誓い円陣を組む。この回の桐光学園は2番から始まる好打順。2番建部君、3番秋山君の連続ヒットでチャンスをつくると、7番東條(航)君のライト前ヒットで2点を奪い再逆転する。(3-2)

桐光学園は集中力と気迫で、試合の流れを手繰り寄せた。その後試合は、両校ともに一歩も譲らず、スコアボードに0行進する。

結局、東條(航)君のタイムリーが決勝打となり、桐光学園が勝利した。


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.16

社会人野球に復帰した元巨人ドライチ・桜井俊貴「もう一度東京ドームのマウンドに立ちたい」

2024.04.15

【福島】聖光学院は福島明成と「福島北・伊達」連合の勝者と対戦<春季県大会支部予選組み合わせ>

2024.04.15

【鳥取】八頭と倉吉北がサヨナラ勝ち、鳥取東と米子東も8強入り<春季県大会>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>