試合レポート

明大中野八王子vs都神代

2008.07.15

2008年07月16日 府中市民球場 3回戦

明大中野八王子vs都神代

2008年夏の大会 第90回全国高等学校野球選手権記念大会 3回戦

一覧へ戻る

シード校・明大中野八王子都立神代の対戦。神代は、野球部員は登録人数14名。そのうち1名はマネージャー。3人は今年入った1年生。レギュラーは3年6人、2年3人で、すごくこじんまりしたチームでした。初戦を勝って今日の試合でしたが、シード校・明大中野八王子にはどういう試合をするのかな?

試合が始まりました。1回の裏、明大中野八王子が1点は入れましたが、2,3回は両チーム0点。4回にはなんと神代が1点入れて追いついたのです。ですが、その裏2点入れられ、5回にも1点。1-4になってしまいました。もともと明大中野八王子の応援で見に行ったのですが、14人でがんばっている神代を見ていて、応戦する気持ちがどうしてもそちらに傾いてしまいます。

6回に神代がまた1点タイムリーで入れたのですが、7回に1点、8回に2点入れられてしまい、2-7で最終回。明大中野八王子は今日が初戦ということもあったのでしょう。あせりがあったのか、バント処理をサードが2回エラーし、なんと1点返されてしまって3-7。塁にはまだ2人いました。

1アウトで次のバッターは今日3塁打を打ったショートの高尾くん。もし長打が出れば2点かえり、まだまだわからない展開になるかもと期待をしてしまいました。が、残念なことにファーストゴロ。その間に一人ランナーはかえり4-7に。そして4番のキャプテン、センターの宮本くん。まだランナーはいるし、なんとしても出塁したかったでしょう。その気迫は十分伝わってきました。ですが、ファーストゴロで終了。結果7-4で明大中野八王子の勝利でした。

スコアボードだけでは見えないドラマがいっぱい詰まった試合でした。ピッチャーの八重倉くん。最後まで一人で投げ抜きました。後半、もっと崩れるかと思ったら、最後までちゃんとしたピッチングで立派でした。センター前にヒットも打ったし、いいピッチャーだったと思います。打球をとりそこね、顔か頭に当てて、一時は怪我で退場かと思われたセカンド青木くん。その後、ヒットを打ち、根性あるところ見せてくれました。(ただ心配なので、終わった後病院に行ってほしいです)2年のサード岡部くん、レフト松井くんもヒットを打ち、全員で一生懸命試合をしていました。何よりも、エラーしたり、怪我した選手、打たれたピッチャーへの声かけをして、チーム全体を支えていたセンターのキャプテン宮本くん。ラストバッターになり、1塁ベース上で泣き崩れてしまいましたが、いい試合を見せてくれたこと、がんばったことに拍手を送りたいです。

神代の応援も学校を早退してかけつけた生徒でにぎやかに行なわれ、何よりブラバンが高校生らしく上手でした。きっといっぱい練習したと思います。応援団長の2人は、長髪茶髪でドラマRookiesそのまんまの姿でしたが、めいっぱい最後までみんなをひっぱって応援していました。

明大中野八王子は、ベンチ入りしていない選手が、こちらもすごく練習したのでしょう。踊りや振りをつけた息の合った応援を見せてくれました。平日のため野球部員以外の生徒はいず、あとは父兄とOB?と思われる応援だけ。ブラバンもなく寂しいかと思いきや、この選手の応援ですごい盛り上がりを見せてくれました。

試合が終わった後、両チームでエールの交換。見ていてすがすがしかったです。

投稿者:アッキー さん


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.19

【島根】石見智翠館、三刀屋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.19

【山口】下関国際、高川学園、宇部鴻城がコールド発進<春季大会>

2024.04.19

【福岡】福岡大大濠-福岡、西日本短大附-祐誠、東筑-折尾愛真など好カード<春季地区大会>

2024.04.19

【春季千葉大会展望】近年の千葉をリードする専大松戸、木更津総合が同ブロックに! 注目ブロック、キーマンを徹底紹介

2024.04.19

【熊本】熊本国府は鎮西と対戦<RKK旗組み合わせ>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード