試合レポート

明大明治vs明大中野

2008.07.10

2008年07月11日 八王子市民球場 2回戦

明大明治vs明大中野

2008年夏の大会 第90回全国高等学校野球選手権記念大会 2回戦

一覧へ戻る

池田君(明大明治

9回の攻防を競り勝ち、明大明治勝利!!

本日2試合目となる試合は、明治大学付属同士の戦い。今年から、西東京に移った明大明治が、西東京でどういった戦いを見せるか。そして対する明大中野が、この明大対戦を勝利で飾れることが出来るか、注目度の戦い試合となった。

試合は、1回の表、明大中野の攻撃から動く。序盤調子が上手く上がらない、 明大明治ピッチャー池田君は、明大中野1番岸君をデットボールで出塁させると、2番川崎君も、フォアボールで出塁する。

3番川嶋君の打席では、明大中野のランナーは、ダブルスチールを決め、ノーアウト2.3塁とすると、川嶋君はフォアボールで出塁し、明大中野は、ノーヒットながら、満塁のチャンスを迎える。

続く4番バッターは、アウトに倒れてしまうものの、5番竹田君はフォアボールで押し出しの1点を奪い、1-0とし、続く6番来島君も、右中間に2点ライムリーヒットを放ち、3-0と、序盤から点差を拡げ、リードを得る。

さらに、2番山下君は、相手のフィルダーチョイスで塁に出て、ノーアウト1,3塁とチャンスを拡げる。そしてこの場面に、3番津山君が、スクイズを見事決め、4-0とすると、4番渡辺君5番鈴木君とフォアボール、相手のフィルダーチョイスと、なおもチャンスは拡がる。

試合は、立ち上がり通り、明大中野ペースで進むと想定したが、 明大明治もすぐさま反撃に出た。

試合前に気合を入れる明大中野ナイン

1回裏、1番廣崎君が、フォアボールで出塁すると、2番一色君の打席でも、ピッチャーは落ち着かず、ワイルドピッチ、さらに盗塁も決められ、ノーアウト3塁と、一気にピンチを迎える。この絶好の得点チャンスに3番小野君は、スクイズを決め3-1と、点差を縮める。

2回裏にも明大明治は、7番池田君が、フォアボールで出塁すると、8番井浦君は、バントを成功させ、1アウト2塁とすると、9番大森君が、ライトへの2ベースヒットを放ち、3-2となる。さらに1番廣崎君の左中間に抜ける3塁打で、ついに3-3の同点とする。

追いつかれた、明大中野,も反撃に講じようと打線を奮起させるが、打線が思うように続かず、3回の表を無得点に終える。

対する明大明治の勢いは、3回裏にも続き、この回先頭バッターである3番吉野君が、レフトへのソロホームランを打ち、3-4と、逆転に成功する。この回以降、両打線ともに、点数を挙げられず、終に9回を迎える。

9回表、3番バッターが倒れるものの、4番鈴木君が、右中間に抜ける3塁打を放ち、得点圏に進むと、5番竹田君は、犠牲フライを放ち、同点の4-4とする。このまま延長に進むかと、思った9回の裏、2番一色君が、フォアボールで塁に出ると、3番吉野君の打った打球が相手守備のエラーを誘い、1アウト1,2塁となる。続く4番中島君の打席では、デットボールとなり、1アウト満塁と、一気にサヨナラの危機に直面した。

明大中野ベンチは、ピッチャーを浅井君へ変え、ピンチを乗り切ろうと、模索し、2アウトと追い込んだが、最後にピンチヒッター丸山君の打った打球が、ピッチャーのグローブからこぼれ、サヨナラヒットとなった。

9回は、両チームを、この試合で一番集中かつ、緊張に追い込んだ、内容の濃いドラマとしたイニングであった。この明大付属対決は、今後再び観たいものである。


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.21

【滋賀】綾羽、滋賀短大附、虎姫が3回戦へ<春季県大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード