試合レポート

【甲子園】2回戦 花巻東 vs クラーク国際

2023.08.13


1時間34分の中断は恵みだった…、花巻東がフルカウントからでも投手交代を決断できた理由

<第105回全国高校野球選手権記念大会:花巻東2-1クラーク記念国際>◇13日◇2回戦◇甲子園

クラーク記念国際(北北海道)vs花巻東(岩手)の一戦は手に汗握る熱戦となった。7回が終わって1対1。ただ、花巻東からすれば嫌な雰囲気があった。

クラーク記念国際新岡 歩輝投手(3年)を打ちあぐねていた。右サイドからの直球は常時130キロ後半〜143キロで、初戦の前橋商(群馬)戦よりも球が走り、主砲・佐々木 麟太郎内野手(3年)もそこまで無安打に抑え込まれていた。佐々木も「本当に素晴らしい投手でした」と称えるほどの投球に、徐々に追い込まれていった。さらに、7回から満を持して登板した小松 龍一投手(2年)がいつもより調子が悪く、7回に同点を許してしまっていた。

8回、クラーク記念国際が1死一、三塁のチャンスを作り、3ボール2ストライクとなったところで雨が強くなった。1時間34分の長い中断となったが、花巻東側からすれば恵みの雨だった。クラーク記念国際が追い上げムードの中、花巻東の佐々木監督が「本当に大きかったですね」と語るように、中断の途中で、投手の交代を決断。右サイドの中屋敷 祐介投手(3年)を登板させた。佐々木監督は交代理由を語る。

「あんなに小松が悪かったのも見たことがなかった。中断になったことで冷静に小松の投球を見直すことができて、ボールがかなり多かったので、フルカウントでありましたが、しっかりと投げられると思い、中屋敷を投げさせました」

再開後、中屋敷は四球を出してしまったが、後続の打者を抑えピンチを見事に切り抜ける。その後、千葉 柚樹内野手(3年)の適時打で勝ち越しに成功し、逃げ切った。

もし雨がなければ、小松を続投させていたという佐々木監督。中断中に冷静に戦局を見直した花巻東の判断が「吉」とでた。

3回戦では出場校の中でもトップクラスの強力打線を誇る智辯学園(奈良)と対戦する。

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.16

社会人野球に復帰した元巨人ドライチ・桜井俊貴「もう一度東京ドームのマウンドに立ちたい」

2024.04.15

【福島】聖光学院は福島明成と「福島北・伊達」連合の勝者と対戦<春季県大会支部予選組み合わせ>

2024.04.15

【鳥取】八頭と倉吉北がサヨナラ勝ち、鳥取東と米子東も8強入り<春季県大会>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>