試合レポート

韓国vsチャイニーズ・タイペイ

1970.01.01

崖っぷちの韓国、日本戦に全てをかける

韓国vsチャイニーズ・タイペイ | 高校野球ドットコム
先発・ホ・ユンドン(韓国)

【試合の様子をギャラリーでチェック!】

 韓国とチャイニーズ・タイペイ(台湾)の試合は、7対2で台湾が勝った。試合後、韓国代表の李聖烈(イ・ソンヨル)監督は、「今日の試合のことは早く忘れて、明日の日本戦に向けて、全力を尽くしたい」と語った。

 この試合は、点の取られ方が悪かった。2回表の台湾の攻撃では、一、二塁の場面で韓国の先発、左腕のホ・ユンドンは、二塁に牽制球を投げようとして、ボールを地面に叩きつける暴投をして二、三塁となり、次の打者に左中間を破られ2点失い、ホも2回で降板した。

 5回表には、2番手で韓国高校球界屈指の速球派であるイ・ミンホがやはり一、二塁から今度はボークで走者が進み、次打者の詰まった当たりの中前安打で2点を失い、勝負の流れは、ほぼ決まった。

 韓国にも不運な面もあった。3回裏の攻撃で、無死一、二塁から、小柄だが闘志あふれる業師のキム・ジチャンが絶妙のバントで、内野安打かと思われたが、微妙な判定ながらアウト。チャンスを広げることはできなかった。それでも、送りバントにはなり、一死二、三塁となったが、1点しか取れなかった。

 5回表のイ・ミンホのボークにしても、セットから少し動いたという判定だが、微妙であった。

 この点について韓国の李監督は、「いくつかの判定は不満もありますが、敗戦の将が言うのは道理ではない」と、多くは語らなかった。


日本戦は韓国高校球界ナンバー1投手が先発

 韓国の悪い面が目立った試合であったが、台湾は野手の球さばきもうまく、攻守にレベルの高いチームであることは確かだ。韓国にすれば、早く気持ちを切り替えたいところだろう。

 韓国の李監督は、日本戦の先発は、エースのソ・ヒョンジュンであることを明言した。ソは、韓国では超高校級と評判の投手。韓国のプロ野球には、地元の高校の選手を1人優先指名できる制度があるが、ソは、地元のKTに優先指名されている。しかも、日本は社会人野球代表が出場予定である、10月に台湾で開催されるアジア野球選手権大会に、韓国代表として出場することが決まっている。

 ソは、最速は150キロにギリギリ届かないくらいだが、ツーシームの評価が高く、カーブなど多彩な変化球を投げる。また韓国の大会では、制球の良さが評価されている。

 6月に開催された韓国の全国大会では、チームを優勝に導き、MVPに選ばれた。実は今回の韓国代表の李聖烈監督も、主戦捕手のカン・ヒョヌも、台湾戦で先発したホ・ユンドンもソと同じ裕信(ユシン)高校である。6月の全国大会を主催した韓国の有力紙『東亜日報』は、裕信の優勝を伝える7月1日の紙面で、「体力条件や柔軟性をみると、高校ではなかなか見つからない選手」という、裕信高校監督としてソを評価する、李監督のコメントを載せている。

 韓国はオープニングラウンドから持ち越される結果も含め、台湾戦の敗戦により、スーパーラウンドで早くも2敗。ただ、追い込まれた時の韓国はかなり脅威だ。

 李監督に日本チームの印象を聞くと、「我々は精神力でやってやるという気持ちでやることを、選手に望みます。相手チームのことは、話したくありません」と、日本チームについてのコメントはなかった。

 日本もここ2年は韓国に勝てていない。それだけに、期するものがあるはずだ。まず気持ちで負けないこと。そのうえで、日本の力を出し切ることが、勝利の鍵になる。政治的な状況とは関係のない、長年競い合ってきたライバル同士の好勝負を期待したい。

(文=大島 裕史

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.18

【神奈川】保土ヶ谷球場では慶應義塾、横浜が登場!東海大相模は桐蔭学園と対戦!<春季県大会4回戦組み合わせ>

2024.04.18

首都二部・明星大に帝京のリードオフマン、東海大菅生技巧派左腕などが入部!注目は184センチ102キロの大型スラッガー!

2024.04.19

【山口】下関国際、高川学園、宇部鴻城がコールド発進<春季大会>

2024.04.18

強豪校を次々抑えて一躍プロ注目の存在に! 永見光太郎(東京)の将来性を分析する<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.04.18

【山形】鶴岡東は村山産業と山形工の勝者と対戦<春季シード決定ブロック大会組み合わせ>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード