選手名鑑

野口 智哉 (鳴門渦潮)

応援メッセージを投稿する!
野口 智哉

野口 智哉

都道府県:
徳島
高校:
鳴門渦潮
学年:
3年
ポジション:
遊撃手
投打:
右/左
身長:
180cm
体重:
76kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

寸評
 捕ってから素早く、深いところからでも乱れない送球が魅力のショートストップ。旧チームから、3番・遊撃手として出場し、攻守の中心的な存在だった。

(守備・走塁面)

 一塁までの塁間は、左打席から4.3秒ぐらいと平凡。しかし高校生遊撃手としては、下級生ながら目立つ存在。打球への反応、フットワーク、スナップの強さなど、最後の夏までに更に磨きがかかるようだと面白い。

(打撃内容)

<構え> ☆☆☆☆

 両足を揃えたスクエアスタンスで、グリップの高さは平均的。腰の据わり、全体のバランスとしては並だが、両眼で前を見据える姿勢は良い。そのため錯覚を起こすことなく、球筋を追うことができる。

<始動> 遅め

 投手の重心が沈みきって前に移動する段階で動き出す、遅めの始動。ボールを手元まで引きつけてから叩くスタイル。そのため長距離打者に多く観られる始動だが、ギリギリまで見定めてから動く生粋の2番打者にも多い。彼の場合本質的には、後者のタイプなのではないのだろうか。

<下半身> ☆☆

 始動~着地までの「間」が短く、狙い球を絞りその球を逃さないで叩く「点」の打撃。真っ直ぐ踏み出すので、内角でも外角でも捌きたいタイプかと。

 残念なのは、踏み込んだ足元がインパクトの際にブレてしまうこと。これにより開きが充分我慢できず、逃げてゆく球や低めの球に食らいつくのが苦しくなる。あくまでも引っ張ったり、外角でも高めの球を叩くことに限定されてしまう恐れがある。

<上半身> ☆☆☆☆

 打撃の準備であるトップの形を作るまでは自然体で、ボールを呼び込む時に力みがないところは良いところ。始動も遅いので、立ち後れないように気をつけたい。

 バットの振り出しは、いわゆるインサイド・アウトで上から最短距離で叩くスタイル。真ん中~内角の球を引っ張るのには優れているが、外角の球を強く打ち返すのには課題を残す。それでもバットの先端であるヘッドは下がらず、キレイなスイングで振り抜けている。

<軸> ☆☆☆

 足の上げ下げは小さいので、目線の上下動は少なめ。踏み出すステップの幅が狭すぎるのか? 上半身の振りに下半身が支えきれずバランスが悪い。軸足自体は、地面から真っ直ぐ伸びているので、打撃の波は少ないのではないのだろうか?
将来に向けて
 開きが抑えられないのとスイング軌道の関係で、外角への対応に課題がある。しかし遊撃手としては魅力のある素材で、17年度の四国を代表する大型遊撃手ではないのだろうか。今後どのように進化してゆくのか、最後の夏まで見届けてゆきたい。
情報提供・文:2017.02.25 蔵建て男
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
日本文理vs鳴門渦潮【第99回全国高等学校野球選手権大会】
鳴門渦潮vs板野【徳島県 2017年夏の大会 第99回選手権徳島大会】
徳島商vs鳴門渦潮【徳島県 2017年春の大会 第70回徳島県高等学校野球春季大会】
鳴門渦潮vs富岡西【徳島県 2017年春の大会 第70回徳島県高等学校野球春季大会】
生光学園vs鳴門渦潮【徳島県 2016年秋の大会 徳島県大会】
鳴門vs鳴門渦潮【徳島県 2016年夏の大会 第98回選手権徳島大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板