選手名鑑

小松 勇輝 (東海大相模)

応援メッセージを投稿する!
小松 勇輝

小松 勇輝

都道府県:
神奈川
高校:
東海大相模
学年:
2年
ポジション:
遊撃手
投打:
右/左
身長:
 
体重:
 
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

短評
 1年春からショートのレギュラーを獲得した小松勇輝。杉崎成輝を思い出す選手だが、当時の杉崎よりも、プレーの表現力が高い。ホームランを打つ長打力もあり、俊足、さらに守備範囲の広さを誇る遊撃守備。来年の東日本を代表するショートストップとなるだろう。小松の凄さが最も現れた横浜商大高戦を振り返る。

観戦レポートより抜粋(2017年4月18日
 試合の先手を握ったのは、東海大相模。1回裏、1番小松 勇輝が、横浜商大高の先発・古野 伊織から右前安打。普通ならば、ただのシングルヒットだと思うだろう。しかし東海大相模は二塁に行けると思ったら、躊躇なく目指すのが東海大相模の走塁スタイルである。小松は俊足を飛ばして一気に二塁へ陥れた。一死三塁から3番黒澤の左前適時打で1点を先制する。小松の好走塁によってもぎとった1点により勢いに乗った東海大相模は、黒澤がけん制悪送球により三塁まで進み、二死三塁から5番門馬 大の適時打で2対0とした。

 小松は今年の2年生ショートというくくりで見れば、選抜で大活躍を見せた小園 海斗報徳学園)に匹敵する選手といっていい。ボールをコンタクトする能力、打球の鋭さ、広角に打ち分ける能力、初球から果敢に振っていく姿勢は小園に負けておらず、昨年から守備力が格段に高まった。一歩目の動きだし、捕球するまでのスピード、捕球してからの送球に移行するまでの動作は速い。またスローイングも1年生のころと比べると強くなり、全体的に守備の動作のスキルが高まっている。東海大相模が実践するアグレッシブ・ベースボールを体現した逸材であり、非常に楽しみなプレーヤーだ。
情報提供:2017.04.18
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
東海大相模vs川崎北【神奈川県 2017年夏の大会 第99回選手権神奈川大会】
浦和学院vs東海大相模【2017年春の大会 第69回春季関東大会】
東海大相模vs作新学院【2017年春の大会 第69回春季関東大会】
東海大相模vs健大高崎【2017年春の大会 第69回春季関東大会】
東海大相模vs千葉敬愛【2017年春の大会 第69回春季関東大会】
東海大相模vs横浜【神奈川県 2017年春の大会 神奈川県春季大会】
東海大相模vs桐光学園【神奈川県 2017年春の大会 神奈川県春季大会】
東海大相模vs橘学苑【神奈川県 2017年春の大会 神奈川県春季大会】
東海大相模vs大和南【神奈川県 2017年春の大会 神奈川県春季大会】
東海大相模vs横浜商大高【神奈川県 2017年春の大会 神奈川県春季大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板