平昌五輪出場中!男子カーリング・山口剛史選手のエルゴメータートレーニング

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.02.14


ピョンチャン五輪出場中!男子カーリング・山口剛史選手のエルゴメータートレーニング

 2月9日に開幕したピョンチャンオリンピック。
 今回、長野オリンピック以来、20年ぶりのオリンピック出場を決めたのが「男子カーリング」だ。カーリングといえば、「氷上のチェス」と表現されるように、高度な戦略とテクニックが必要なスポーツのため、「体力<頭脳」のスポーツだと思われがちだが、ここ10年でその考え方も大きく変わってきた。これまでは40代のベテラン選手も多く活躍してきたカーリングの世界だったが、昨今は若手選手たちの体作りに対する意識も高まってきた。
カーリングは、ブラシを使って氷上をこすり、ストーンをハウスと呼ばれる円の中心に滑らせて得点を競うスポーツだが、狙った方向へストーンを投げる時に体幹を支える強さや、そのストーンをブラシを使って氷上をこすり滑らせる筋力などが必要になる。


 そんな中、今回のピョンチャンオリンピックへの出場を決めたSC軽井沢クラブのメンバーの一人、山口剛史選手が昨年から取り入れ始めたトレーニングがある。
全国の野球部でも広まってきているトレーニング機器・エルゴメーターだ。元々は、ボート競技の向上のために開発されたエルゴメーターであるが、今ではボート以外の各スポーツ界でも愛用されている。

 山口選手が、エルゴメーターを取り入れた理由とは?
「今、32歳ですが、20代半ばまではウエイトトレーニングで体を鍛えていました。それでも、故障も多かったですし、ウエイトの記録は良くなっても、それが競技の結果に結びつかなかったり。色々とトレーニングについて調べていく中で、ある時からピラティスを取り入れるようになって、それがすごく自分に合っていて、競技中の安定性も出てきました。
 カーリングでは、スイーピング(ストーンを滑らせるために氷上をこする動き)が一番体力を消耗するんですが、次第に筋疲労を起こして、フォームが崩れてくるんですよね。スイーピングでは、左側の広背筋と三頭筋をめちゃめちゃ使うんです。大会は1週間ほど続くんですが、後半になってくると、思ったフォームで動けなくなってくる。スイーピングをしていても、力の感覚も悪くなってくるので、悪循環なんですよね。
 それで、スイーピングに生かせるトレーニングは何かないか?と調べていたら、エルゴメーターを見つけたんです。このトレーニングをやってみたいと思って、すぐに購入しました」

 実際にトレーニングに取り入れる際に、山口選手が参考にしたメニュー内容と目標タイムは、実際に野球部が使用していたものだった。

週4トレーニングメニュー例

月曜・・・60秒on、60秒off×8~12(onは全力、offはゆっくり漕ぎ続ける)
火曜・・・1000m×2~3本 インターバル3分
水曜・・・オフ
木曜・・・200m×10 インターバル1分30秒
金曜・・・20分×1本(一定のペースで漕ぐ)
土曜・・・オフ
日曜・・・オフ

週6トレーニングメニュー例

月曜・・・60秒on、60秒off×8〜12(onは全力、offはゆっくり漕ぎ続ける)
火曜・・・1000m×2~3本 インターバル3分
水曜・・・20分×1(一定のペースで漕ぐ)
木曜・・・500m×4~6 インターバル2分
金曜・・・200mon、200moff×10(onは全力、offはゆっくり漕ぎ続ける)
土曜・・・4000m×1(ゆっくりと漕ぐ)
日曜・・・オフ



「初めてトレーニングに取り入れた日は筋肉痛になりました。腹筋もそうですが、とくに背中が筋肉痛になって、その後は筋肉痛というよりも全身疲労。エルゴメーターは、正しいフォームで漕がないと結果が出ないので、腕だけで引くのではなく、全身を使って5分間必死に漕ぐだけでヘトヘトです。また、タイムも表示されるので、目標設定もしやすくトレーニングの励みになりますね。少しずつタイムも縮まってきているので、さらに効果を上げていきたいです!」

◆ 全国のトップ選手のエルゴメーターのタイムもWEBから確認できる!
全国マシンローイング大会の結果

 最後に、このピョンチャンオリンピックでの目標も山口選手に伺った。
「目標は高く、『金メダル』です。日本男子は、長野オリンピック以来の20年ぶりの出場となりますが、出場するだけでなく、世界の舞台でもっと高いところを目指して頑張りたいです」

【山口選手から球児の皆さんにメッセージ】
僕は、自分のなりたい像をイメージして日々生活しています。辛い時でもあきらめないで進み続けることをずっと大切にしてきました。トレーニングでも、『残り20秒の最後がきついな』という時も、ここで負けたらオリンピックでメダル取れない!取るには、ここ頑張るしかないでしょ」って思いながら練習してきました。球児の皆さんも、自分がなりたい像に向かって、毎日のトレーニング頑張ってください!

スターラインジャパンでは、エルゴメーターの正しい使い方セミナーなどを実施しています。ご質問などがある方は、スターラインジャパンにお問い合わせください。

【関連記事】
平昌五輪を終えて心に浮かぶ言葉「トップが頂上を踏むためには、下でザイルを確保するセカンドが必要なんだ」 【ニュース - その他】
【他競技から学ぶ】五輪閉会式から感じて欲しい「私たちのふるさとは地球」というマインド 【ニュース - その他】
第15回 強豪・早稲田大ボート部から学ぶ!エルゴメーターの正しい活用術【後編】【他競技のスペシャリストから学ぼう】
第14回 強豪・早稲田大ボート部から学ぶ!もっと強くなるトレーニング術【前編】【他競技のスペシャリストから学ぼう】
第66回 出動!球児に聞き隊!【冬のトレーニングできついメニューは?~筋トレメニュー編~】【野球総合研究所】
第9回 元世界水泳代表選手から、「柔軟で強い」腕と肩、身体の鍛え方を学ぼう!【他競技のスペシャリストから学ぼう】

コメントを投稿する

次の記事:
いよいよクライマックス!!春季東京都大会 準決勝の見どころをチェック!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る