秀岳館投手陣が勝負にこだわり清宮を3打数1安打に抑え込む!

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2017.05.14

川端健斗(秀岳館)

秀岳館投手陣が清宮を3打数1安打に抑え込む!

 14日、早稲田実業はRKK招待高校野球大会2日目に臨み、秀岳館と対戦。清宮 幸太郎選手は3番ファーストでスタメン出場。3打数1安打2四球だった。第3打席までは、最速148キロ左腕・川端 健斗投手と対戦。四球、右前安打、四球だった。第4打席は、捕手の幸地 竜弥と対戦。第4打席は左飛に終わる。

 1対5の前で迎えた9回表、二死。打者・雪山 幹太の場面で、秀岳館は敬遠を指示。鍛治舎巧監督は「マウンドに上がっていた田浦 文丸が試合前から清宮とずっと勝負したいといっていたんですよ。めったに勝負できる機会はないですから、勝負したいならば、歩かせろと伝令に指示を出しました。また熊本の高校野球ファンが生で見られるのはこれで最後になるかもしれませんからね」と清宮勝負の理由を明かす。

 伝令役に出たのは、川端。川端に伝えられた田浦は、清宮を歩かせて、清宮と勝負することを選択。この選択に拍手を送ったのは藤崎台県営球場に詰めかけた高校野球ファンである。

 田浦は全力でストレートを投げ込み、清宮を一ゴロに打ち取り、試合終了。秀岳館が勝利を収めた。田浦は「三振じゃなくて悔しいですけど、打ち取れてよかったです」とコメントを残した。

 田浦も、川端も、「甲子園で対戦することがあれば絶対に三振を奪いたいです」と三振奪取を誓った。

 清宮の招待試合3試合の打撃成績は、8打数2安打1本塁打4打点7四死球となっている。

【 速報ページはこちら 】

注目記事
2017年度 春季高校野球大会特集

【関連記事】
第487回 清宮フィーバーで沸いた今年の関東を制したのは浦和学院!【関東大会総括】【大会展望・総括コラム】
作新学院vs早稲田実業【2017年春の大会 第69回春季関東大会】
早実・清宮、高校通算95本塁打も準々決勝敗退 作新学院らがベスト4へ【春季関東大会・22日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
清宮幸太郎、作新学院戦で高校通算95本塁打をマーク!歴代単独3位に!! 【ニュース - 高校野球関連】
早稲田実業vs花咲徳栄【2017年春の大会 第69回春季関東大会】
第484回 本日開幕!関東を盛り上げるミレニアム世代を先取り!【春季関東大会展望】【大会展望・総括コラム】
第483回 清宮幸太郎、高校通算93号までの軌跡!【大会展望・総括コラム】
第482回 今年も各県から名門が集結!この大会でスターになるのは誰か?【春季関東大会展望】【大会展望・総括コラム】
第88回 秀岳館投手陣が清宮勝負を決断した理由。そして対決して得たものとは?【ドラフト特集】
秀岳館vs早稲田実業【2017年 練習試合(交流試合)・春】
早稲田実業vs八代【2017年 練習試合(交流試合)・春】
慶應義塾vs秀岳館【2017年 練習試合(交流試合)・春】
第530回 野村大樹の進化が止まらない! 【2017年インタビュー】
第511回 熊本工業高等学校 山口 翔選手「フォームと速球のこだわりは誰にも負けない」 【2017年インタビュー】
第483回 清宮 幸太郎選手(早稲田実業)「フォア・ザ・チーム」で全部勝つ 【2017年インタビュー】
第465回 負けるたびに強くなる“清宮幸太郎”という大きな存在 【2016年インタビュー】
第464回 早稲田実業のスラッガー野村大樹を覚醒させた3つの取り組みと配球を読む能力 【2016年インタビュー】
清宮 幸太郎(早稲田実業) 【選手名鑑】
秀岳館 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
第46回 適切に対応したい突き指
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る